心配性というよりも…

  • 2021.12.25
  • 2021.12.28
  • 健康
心配性というよりも…

元々、自分がかなりの心配性だという自覚はあった。10代のころから、起こってもいないことをあれこれ心配して、取り越し苦労をする毎日だったので。

「心配性」は性格なのか

この性格も、仕事をする上では役立つこともあったりする。

たとえば最近はUber Eatsで配達をしているけれど、心配事が絶えない故に用心深くならざるを得ないので、トラブルは比較的回避できていると思う。前職の営業事務でも、前々職の採用担当でも、慎重さや用心深さが評価されていた部分もあったので、心配性も悪いことばかりではないんだと思うようにしてきた。これはこれで一つの個性であり、才能かもしれないのだから、と。

それでも、何もかもを心配し常に最悪の事態を想定して生活するというのは、単純にとても疲れる。しかも40歳を前にして、その傾向がますますひどくなってきたような気がする。毎日へとへとだ。

果たしてこれって単なる心配性なんだろうか? と疑問に思いインターネットで調べていると、自分の状態が「全般性不安障害」の症状によく似ていることに気づく。もちろん診断を受けたわけでなく、実際のところは分からないが… ただ、自分の心配性を性格だと考えるにはあまりにも不快感が強く、これを自然な状態だとは思えず、受け入れがたい。何らかの疾患だと考えた方が、「治るかもしれない」という希望が持てるから、私は自分が病気だと思いたいのかもしれない。

毎日、お金の心配ばかり

もう随分長いこと、不安に支配されだ状態で暮らしている。気分が晴れる、ということがまずない。内容としては、お金の心配が大半かもしれない。

しかし何故? 今のところ生活は成り立っているし、貯金もある。投資もしている。夫は充分な生活費を稼いでくれているし(別途問題はあるが、それについては別記事で)、退職以来ほぼ無収入だった私も今年から少しずつ稼ぎ始めた。世帯の収入は確実に増えている。にもかかわらず、将来のことが不安で仕方がない。「老後2000万問題」などという見出しのネット記事を見かける度に、お金がない自分の将来を想像してしまう。

具体的な悩みも尽きない。来年から長男の塾の授業料が上がるけど、大丈夫なのか? もうすぐ健康保険が社保から国保に切り替わるけど、足りるのか? 40になったら介護保険料もかかるが、支払う額はどのくらい上がるのだろう? 払い切れるのだろうか? 払えなかったらどうなる? 心配過ぎて頭痛がしてくるほどだ。

 

お金が減っても増えても不安

お金が足りない(足りなくなるかもしれない)不安がある一方で、増えたお金に対する不安もある。

最近の投稿でも触れた通り、私は数年前から仮想通貨(暗号資産)に投資している。正直、去年から今年にかけては私もわりと利益が出ているというか、含み益が大きくなっている状態だ。でも、税金と健康保険料が上がるのが怖くて思い切った利確ができずにいる。

この含み益が、あれよあれよという間に萎んで無くなってしまうのではという不安。また損益計算はきちんとやっているつもりだけど、果たしてこれで計算が合っているのだろうかという不安も大きい(国税庁から明確な指針が出ていないことも多いため)。先日、不明点を税務署のコールセンターに問い合わせてみたが、そもそも担当が仮想通貨のことをあまり知らなかったように思う。なんとも歯切れが悪く、もらった回答も間違っていると思われる点もあり、結局インターネットであれこれ調べて「正しいと思われる方法」で一応計算している。来年初めて確定申告をすることになるわけだけど、税務署に突っ込まれたらと思うと恐ろしい。間違いを指摘されて、追徴課税されたらと想像するだけで、呼吸が浅く、苦しくなってくる。

別に犯罪や何かうしろめたいことをして稼いだお金ではないのに、持っていてはいけないお金を持っているような気持ちになるのはなぜだろう。この状態って、単なる心配性といえるのだろうか。

そもそも、お金が足りないかもしれないと不安に感じることと、増えたお金に対する税金に怯えることというのは、わりと矛盾する。それは分かっているつもりなのだが… 論理的に考えられていなくて、自分でもおかしいと思う。

 

架空請求、メルマガ、全てが恐怖

その他にも、細々としたくだらない心配事が絶えない。

無料のメルマガやポイントサイトに登録していることが急におそろしくなり、数時間かけてせっせと解約作業をしてみたり。いくつかのサービスではアカウントを重複して作成していることに気づき、利用規約違反で何らかの罰則があったらどうしようと心配し…。

以前は平気だった架空請求の迷惑メールにも、いちいち心がざわつくようになった。もちろん返信などはせず即削除だが、そういうメールが自分のメールアドレスに送られてくること自体に恐怖を感じるようになってしまった。

私は自分が何か重大な間違いを起こしているのではないかと、常に心配している。その間違いから、金銭的な損害(賠償金や延滞利息など)が発生するのではないかと不安がる、というのが最近の主な思考のループだ。異常では?

 

これってただの心配性といえるのだろうか?それとも、何らかの病気の部類に入るのだろうか。いずれにしろ、どうしたらいいのだろうか。

健康カテゴリの最新記事