小2長男、進学塾enaに通い始める

小2長男、進学塾enaに通い始める

小学2年生の長男、この2月から進学塾enaに通い始めました。我が家では中学受験をぼんやりと意識しており、可能であれば公立中高一貫校を目指したいと思っています。そこで、中高一貫校の受験に強いと言われるenaを選びました。

ひとまずこの1ヶ月、通わせてみた感想をまとめてみました。私自身が塾らしい塾に通った経験がないこともあり、戸惑うことも少なくありませんでした!

 

前提として、私は今のところそれほど熱心な、中学受験ママにはなれていません。中学受験についても、挑戦させたい(したい)気持ちもある一方で、中学受験と引き換えに何か大きなものを犠牲にするのではないか、貴重な子ども時代を受験勉強だけに費やしてしまって良いのだろうか、他にもっと大切なことがあるのでは… などと、根本的な部分でモヤモヤとした不安を抱えている状態です(もちろん、息子には言いませんが)。私自身、息子の中学受験に向けて気持ちを固めようとしている最中ですので、まだまだ中学受験に対する基本的な知識が不足していたり、常識を知らなかったりする部分もありますので、この記事はその前提でお読みいただければと思います^^

 

我が家がenaに決めた理由

enaは㈱学究社が運営する学習塾で、東京都を中心に展開しています。公立中高一貫校の受験に強いことで有名だそうですが、勉強不足な私がその存在を知ったのはつい最近のことでした。

きっかけは、ママ友経由。長男の友達のお姉ちゃん(6年生)が通っていたことでした。お姉ちゃんは都立中高一貫校を目指しているとのことで、enaで勉強した結果、合格圏内に入りつつあるというのです。「うちも中学受験、ちょっと考えてるんだ」と色々話を聞いてみると、何と自転車で10分圏内に校舎があるというではありませんか!

 

早速、ホームページから資料請求。長男、小2の11月下旬のことでした。

ほどなくして、パンフレット(かなり立派な)や料金表が送られてきました。読んでみると、小3は授業料無料、年間で教材費が22,000円(税抜)ほど掛かるものの、かなり割安です。もちろん、学年が上がるにつれて徐々に目玉が飛び出るような額になっていくわけですが、それはどこの塾でも似たようなものでしょう。というわけで、以下の理由で早々に入塾を決めてしまいました。

 

・お友達のお姉ちゃんが通っている

・公立中高一貫校の受験に強い

・わりと近所に校舎がある

・小3クラスは授業料無料(教材費は別途必要)

 

ちなみに入塾前に授業を見学したり、説明会を受けたり、といったことはしていません。enaの方からも、特に案内はなく… 一度、授業の見学についてはそれとなく聞いてみたのですが、コロナ禍であることと個人情報保護の観点からやんわりと断られてしまいました。

 

まぁ授業料は無料なのだから、通いながら判断すればいいのかなと思い、私もそれ以上は希望しませんでしたが… 塾って結構強気なのね、とは感じました。

 

授業料は無料だが…?

上述の通り、enaでは小3クラスの一年間は授業料は無料となっています。教材費として、前期に12,000円、後期に10,000円程度かかりますが、週1回約2時間の授業が無料で受けられるなら安いものです。3年生の間は割安で通わせてもらいながら、4年生以降の授業料を貯めていけばいいよね、と思っていました。

ところが! 春期講習や夏期講習については別料金なんですね。いや、一般的にもこうした講習は別料金だと思うのでそれは構わないのですが、ちょっと「え?」と思ったのは、春期講習が任意の形をとりながら、ほぼ強制のような圧力を感じたことでした。

 

というのも、今年はまだいいだろうと思って我が家は春期講習を申し込まなかったんですね。すると、申込〆切当日に、塾から電話が掛かってきたのです。「〇〇君が春期講習の申込書をお持ちでなかったので確認でお電話しました」と…。今回は申し込まないつもりであることを伝えると、「授業の内容がどんどん先に進んでしまうので、講習明けに本人がビックリしてしまうかもしれません」「夏期講習も同様なので、次回からはよろしくお願いします」と言うのです!

この電話を受けた際はイラっとしてしまって、やや不愛想な応対になってしまったことは申し訳なかったですが… でも、このやり方はちょっとどうなのよ、と思ってしまったのは事実です。参加しなければ授業についていけなくなるような春期講習・夏期講習なら、最初から必須にしてくれればいいのに! 授業料無料なんて言わなくていいから! オプションのように案内しておきながら、必須ではないけど受けないと遅れてしまいますよ~ というのは… うーん。。まるで脅しのようです。それとも、こうした講習は受けるのが当たり前で、受けないという判断をしようとした私が非常識だったのでしょうか?

分かりません。単に電話をくれた先生or事務員さんの言い方が巧くなかっただけかもしれないし、私が勝手に自分の無知を攻撃されたように感じて、過剰反応を起こしただけなのかもしれません。が、いずれにしても気分のいい電話ではありませんでした。

 

結局、春期講習にも申し込みましたよ。ついていけなくなる、なんて言われたらね…

そんなわけで、この後も別料金で夏期講習や冬期講習があることを踏まえると、「教材費のみ」というわけにはいかなそうです。とはいえ、それらの講習料金を含めたとしても、学習時間やレベルを考えれば充分割安です。個人的には、「授業料無料」と案内しておきながら実質的には無料ではないというシステムに疑問は感じるものの、単純に金額を見たら決して高くはないと思います。

 

保護者に対するフォローは特にない

まだ2年生で学習が進んでいないということもあるのかもしれませんが、保護者に対するフォローは特にありません。通い始めて1ヶ月になりますが、担任の先生とお話しする機会もありませんでした。子どもだけが淡々と授業を受けて帰ってくる、という感じですね。

私自身、そのことに特段不満があるわけでもないのでしばらく様子を見ようと思っていますが、宿題をフォローする際などに時々困ってしまうことがあります。小さなことですが、配布されたテキストには直接書き込んでも良いのか、採点は自宅で親がするのか、塾で先生がするのか… 等々、細かい部分について説明がなかったりして。授業中に子どもたちに伝えている可能性はありますが、そこは7~8歳の子どものことですから「忘れた」「分からない」…(笑)

大した問題ではないので、とりあえずやってみて何か指摘があれば次回から従えばいいかなと思っています。ただ進学塾というと色々と細かそうなイメージがあったので意外でした。

 

初年度はまだお試し期間のような感じなのでしょうか。確かに、今の段階で志望校などについてあまり熱心に話し合うのもどうなのだろう… という気もしますし、私はこのくらい緩いスタートで良いと思っています。が、保護者に対しても熱心なサポートや情報提供を求める場合には、かなり物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

まとめ

春期講習をめぐって少し嫌な思いはしたものの、そこは私の情報不足でもありました。中学受験を考えるのであれば、それくらいの覚悟で入塾せよ、ということなのでしょう(笑)

全体的に淡々とした印象で、学校などと比べると保護者に対して強気な感じもします。中学受験ブームの中、進学塾の需要が高まっているからかもしれませんね。

 

長男は意外と楽しそうに通っているので(特に友達などはいないようですが)、しばらく通わせながら様子を見るつもりです。長男自身が合いそうなら続けるし、ダメなら別の塾を検討すればいいや、と思っています。

子育てカテゴリの最新記事