LINE証券×端株投資で1万円ができました

LINE証券×端株投資で1万円ができました

1月もLINE証券で端株(いちかぶ)を買いました。

キャンペーンでもらったパナソニック株(6752)が値上がりしていることもあって、LINE証券の残高が今月で10,000円を超えました。端株の購入はこれまでのところ全てLINEポイントで賄ってきましたので、お金をかけずに10,000円の資産をつくることができたことになります。額としてはまだまだ小さいのですが、嬉しいものですね。

 

PeXポイント→LINEポイントは交換レートが悪い

さて、今月もアンケートサイトで貯めたポイントをPeX経由でLINEポイントに交換、そのポイントで株を購入しました。

※私はLINE関連のサービスをほとんど使っていないので、LINEポイントを貯めるにはLINEポイントクラブでポチポチ貯めるか、PeX経由で他社ポイントから交換するしかないのです。

 

リサーチパネル等で貯めたポイントを交換し、約1,000円分、2銘柄1株ずつ購入することができたのですが… どうしてもPeXポイント⇒LINEポイント交換時のレートの悪さが気になってしまい、今回を以てLINEポイントへの交換は辞めることにしました。

 

というのも色々と情報収集をする中で、同じく少額投資が可能な「日興フロッギー」というサービスを知り口座を開設したのですが、そちらでもdポイントを使った投資ができるんですね。そして、dポイントはPeXポイントと等価で交換できるのです(しかもリアルタイム交換)

 

LINEポイントに交換する場合のレートは110 PeXポイント(11円)⇒10LINE ポイント(10円)で、交換時に目減りしてしまうのです。それに対してdポイントなら等価交換なので、100 PeXポイント(10円)⇒10dポイント(10円)となります。小さな額ではあるものの、超少額投資だからこそこの差は馬鹿にならないし、交換を重ねれば重ねるほどその差は大きくなっていきます。

 

今後はPeXポイント→dポイント交換で

というわけで、次回からはアンケートサイト等で貯めたポイントはdポイントに交換し、日興フロッギーの方で使っていこうと思います。わざわざレートの悪いLINEポイントにこだわる必要もないからです。

 

じゃあLINE証券での端株投資はどうするの? ですが、もちろん続けていきますよー!

LINEポイントクラブでも多少はポイントを貯めることができますし、現金でも追加投資をしていくつもりです。ここまでポイントのみでやってきたので、「ポイントだけでの投資」にこだわりたい気持ちはあるんですけど… こだわったところで、これといったメリットもありません(ちょっとした自慢にはなるのかもしれませんが 笑)

 

それよりも年が明けてからは生活費の節約に励んでいますので、浮いた分を家計からLINE証券に回したいと思っています。2,000~3,000円なら節約で何とか捻出できると思うし、その方が「ポイントだけでの投資」にこだわるより、投資額を増やせる=資産形成のスピードupにつながるはずです。

 

ポイントだけだとどう頑張っても、月1,000円程度が限界ですからね。

 

LINE証券ポートフォリオ(2021年1月22日時点)

最後に、現在のポートフォリオです。

今月買ったのは、ユーグレナ1株と、セブン銀行1株でした。…あれ? 配当利回り3%以上を狙う、と戦略を立てたはずなのに… 以前から気になっていたという理由で無配当のユーグレナ株を買ってしまいました(涙)

自分の決めた投資ルールに従うというのも、なかなか難しいものなのかもしれません。。次からは気をつけなくては。

LINE証券2021年1月資産残高(2)

●株式

銘柄 保有数量 評価額(円) 損益
 

パナソニック(6752)

 

3

 

4,350

2,115
+94.63%
 

楽天(4755)

 

3

 

2,937

63
+2.19%
 

旭化成(3407)

 

1

 

1,144

116
+11.28%
 

コニカミノルタ(4902)

 

2

 

846

112
+15.25%
 

ユーグレナ(2931)

 

1

 

845

‐11
-1.28%
 

セブン銀(8410)

 

2

 

450

4
+0.89%

 

●現金残高 39円

 

 

目指せ、端株投資で10万円!

お金のことカテゴリの最新記事