【2020年11月運用報告】トラノコでポイント投資を始めて8ヶ月が経ちました

【2020年11月運用報告】トラノコでポイント投資を始めて8ヶ月が経ちました

このブログでは、私のトラノコでのポイント投資の履歴や運用実績を公開していきます。ポイント投資機能を利用することにより、いかにお金をかけずに投資ができるのかという実験的な試みであり、その記録です。勧誘を目的とするものではありません。自己判断、自己責任での投資をお願いいたします。

 

投資アプリ「トラノコ」を使い始めて8ヶ月になりました。現金とポイントの両方で投資をしています。後述する理由もあって、今後は月イチで運用結果をアップしていきたいと思います。

 

トラノコ8ヶ月目の運用結果

まずは早速ですが、8ヶ月目(2020年11月11日時点)の運用結果から。投資した現金に対して、11月の運用残高は下記のようになりました。

 

+102.81%

トラノコ2020年11月運用残高

11月11日時点の運用残高は29,034円。月額利用料を含めた現金による投資額は14,316円でした。運用8ヶ月目でなんと+14,718円となっています!

 

約、2倍。と、こう書くとまるでめちゃくちゃ運用がうまくいっていて儲かっているかのように聞こえるかもしれませんが、現金のみで投資した場合にはこの数字にはなりませんのでご注意を!というのも前々回の記事でも書いた通り、私は自分の財布(銀行口座)から投資した現金を元本、ポイント投資分は利益として計算しているからです。私はトラノコの利用にあたって「自分の財布から投資した額に対してプラスになればよい」と考えていますので、このような分類をしています。

 

ポイント投資分を元本と考えるか利益と考えるかで結果は変わりますが、ポイントも利益と考えた場合には、8ヶ月目の時点ではしっかりプラスになっているといえます。

とはいえファンドの運用成績が特別良かったというわけではなく、プラスになっているのはすべてポイント投資分でした。計算したところ、15,028円分をポイントで追加していたんです。なので今のところ、運用ではなくポイント分が儲かっているだけ、というのが現実ですね。

 

≪補足≫

元本には「おつり投資」「現金投資」そして300円の「月額利用料」を含みます。「月額利用料」は投資に回るお金ではないので、正確には元本ではないのかもしれません。が、「月額利用料」も含め使ったお金に対してプラスにならなければ運用する意味がないと思うので、ちょっと強引かもしれませんが「月額利用料」も元本として計算することにしました。

一方で、上述の通り「ポイント投資」分は自分のお財布から出したお金ではないので、元本とは考えません。「ポイント投資」分は利益に分類します。こちらも正確には運用で増えたものではないので、利益ではないのですが… ただ、「トラノコでポイント投資をした場合」のパフォーマンスを把握するには、このような分け方(投資した現金と、それ以外)が最も分かりやすいと思います。

 

損益が分かりにくいのがデメリット

さて冒頭にも書きました、私がなぜ毎月運用結果をまとめることにしたのか、またなぜ↑のような面倒な分類と計算を自分でしているのか、ですが。それはズバリ、トラノコは損益が非常に分かりにくい、というか、アプリの画面上からは全く分からないからです。

 

ポイント投資ができることもあって、私はトラノコを気に入っています。自分でお金を出さなくても、ポイントサイトから直接投資できる(しかも5円から!)、これは画期的だと思っています。でも、損益が分からないアプリの仕様にはかなり不満です。

 

トラノコ残高推移

 

トラノコアプリの「投資状況」の画面から確認できるのは、「日別」「週別」「月別」の推移です。「前日比」「前週比」「前月比」の増減は金額と%で表示されますが、それはあくまでも残高の推移でしかありません。損益じゃないんですよね。当然、現金やポイントで追加投資をした時などは「前日比」「前週比」「前月比」がドーン!とプラスで表示されるのですが、それはお金を入れているんだから増えて当たり前。投資した額に対してどれくらい増えているのかが、アプリからは確認できないんです(2020年11月時点)。

 

自分が投資した元本に対してどれくらい増えているのかがわかりづらい… これって投資アプリとしては致命的だと思いますし、アプリのレビューを見る限り同じように感じているユーザーは少なくないようです。今後の改善に期待!ですね。

 

アプリ上での損益の確認のしにくさ、また隠れた支出として毎月300円の利用料が発生していることを考えると、自分でも進捗を管理しておかなければなりません。そうしておかないと、儲かっているのかそうでないのか、サッパリ分からなくなってしまうからです。そんなわけで、私は別途Excelで表を作って運用状況をチェックしています。

 

それでも私がトラノコを利用する理由

少額の投資ではマイナスになりやすい、アプリ上で損益の確認ができない…etc, 現状使い勝手が良いとはいえないトラノコですが、それでも私が利用を続けているのはやはりポイント投資が魅力的だからです。様々なポイントサービス経由で5円から投資できるというのは、ポイントサイト好きの私からすると素晴らしいメリットなのです。

もちろん、トラノコ以外にも楽天スーパーポイントやTポイントを利用した投資もしています。楽天スーパーポイントは楽天証券のつみたてNISAで、TポイントはSBI証券の特定口座で、それぞれ投資信託を買っています。が、例えばザクザク貯まる楽天スーパーポイントですら、月に貯められて1,000ポイント前後(通常ポイント)。ちなみに楽天カードユーザーです。

 

これに対して、トラノコなら月2,000ポイント(円)前後は投資に回すことができます。やはり色々なポイントをひとつにまとめることができる、という点が強いのでしょう。使えるサービスが多いので、ポイントの貯まりやすさが全然違う。寄せ集めたポイントが将来の資産になるかもしれないと思うと、ちょっとワクワクしてきますね。

手数料負けしてマイナスになりやすいというデメリットも、ポイント投資でカバーできますし。現金投資もしていますが、ポイント投資分が多いので、多少下がってもさほど気になりません。

 

というわけで、ポイント投資の機能が充実している限り、私はトラノコを使い続けたいと思います。別の言い方をすれば、ポイント投資ができなくなったら、その時はトラノコをやめると思います(笑)

お金のことカテゴリの最新記事