【2019年10月】photoAC(写真AC)収益報告。2ヶ月目の収益は774円でした

【2019年10月】photoAC(写真AC)収益報告。2ヶ月目の収益は774円でした

9月からクリエイター会員として写真投稿を始めたphotoAC(写真AC)。

10月もコツコツとスマホで撮った写真をアップしてきた結果、774円の収益になりました。振込額可能額の5,000円には届かなかったものの、1日平均24円… 意外と収入になっている気がします。

 

photoAC(写真AC)2019年10月の収益

2019年10月のレポート

新規掲載点数:117枚

ダウンロード数:258枚

収益:774ポイント(円)

 

写真の掲載点数については、もう少し頑張りたかったなぁ~ 先月末の段階では、10月中にもう200枚公開することを目標にしていたので… しかしGoogleフォトの在庫も早々に尽きてしまい、先月は雨の日が多くあまり屋外での撮影ができなかったこともあり、掲載点数が伸びませんでした。

 

スタートから2ヶ月間の累計としては、こんな感じです。

 

2019年9月~10月(2ヶ月間)の累計

掲載点数:188枚

ダウンロード数:267枚

収益:800.5ポイント(円)

 

写真の掲載点数は、2ヶ月で200枚に届きませんでした。実際にはもっとアップロードしているのですが、相変わらず審査に落ちるものも少なくないからです。半分とまではいかないものの、やはりアップした作品のうち2~3割は何らかの理由で審査に通りません。そのため、10月中に新たに公開できた写真は117枚。累計でも188枚に留まっています。

それでも、スキマ時間を利用して写真を撮影&アップロードするだけで800円になるなんて、スゴイことではないでしょうか…。このまま根気よく続けることができれば、少なくない不労所得を生み出してくれる可能性も充分あるのでは?!

 

そんなわけで、悪くない手ごたえを感じた10月度。2ヶ月目の気づきをまとめてみたいと思います。

 

ストックフォトを意識した写真でなくてもいい

私がこの2ヶ月間にアップロードした作品の多くは、Googleフォトに眠っていた過去の写真たちです。photoAC(写真AC)にアップする目的で新たに撮ったものもありますが、半数以上はここ2~3年の間に撮影した写真であり、誰かにダウンロードしてもらうことを目的として撮ったもの(=ストックフォトを意識したもの)ではありませんでした。もちろん全てスマホで撮った写真です。

そんな自己満足な作品でも、意外とダウンロードしてもらえるものなんですね。「いかにも」ストックフォト!という感じの写真でなくても、ごく自然な日常生活の一部を切り取ったような写真であっても、ある程度の需要はあるみたいです。或いは、私にとってはごく普通の写真でも、他の誰かにとっては貴重な一枚だったりするのかもしれませんし。

写真ACに公開中の焼き芋の写真

ちなみに私の写真の中で一番ダウンロードされているのが、こちらの焼き芋の写真です(秋だからかな)。10月末時点で、累計で27ダウンロード。写真自体は2018年の年始に撮影したもので、当然ストックフォト用に撮ったものではありません。

もちろん需要のある写真を狙って撮影&アップすることができれば一番良いのですが、それができなくてもダウンロードしてもらえる可能性は充分あるよ、というお話です。

 

風景写真や背景素材も意外とダウンロードされる

photoAC(写真AC)に登録したばかりの頃、クリエイターさんのブログで情報収集をしていました。

その中で、「風景写真や背景素材はダウンロードされにくい」という記事をいくつか読んだので、そのつもりでいました。確かに、誰でも比較的気軽に撮影できる風景写真には需要がないのかも… 背景素材も既に飽和状態なのかも… と思っていました。

ところが試しに何枚かアップしてみたところ、思っていたよりダウンロードされている気がするのです。(あくまでも「私が」思っていたより… という基準ではありますが)

写真ACに公開中の木目の背景素材

例えば、この「控えめな木目調」。これは10月に入ってからアップロードした素材ですが、10月中に12回もダウンロードされています。12回、という回数を多いと感じるか少ないと感じるかは人によりますが、ダウンロードされない写真は、本当に待てど暮らせどゼロですからね。

風景写真に関しても、東京スカイツリーのレストランフロアから撮影した写真の他、駒込六義園(日本庭園)の風景写真などもポツリポツリとダウンロードされます。ある程度特殊なスポットの風景写真であれば、需要はあるのかもしれません(実際、近所の公園や特に観光スポットでない場所の風景写真などは、いまだにダウンロード数ゼロのものがほとんどです)。

 

植物や花の写真はダウンロードされない

一方でダウンロードが伸びにくいと感じたのは、植物や花の写真です。その最たる理由は、やはり誰でも手軽に撮れることだと思います。こちらの「シャガ」の写真も、一回もダウンロードされていません。

シャガの花

上述の風景写真よりもさらに手軽に取れるのが、植物や花の写真なのではないでしょうか。だからそもそもストックフォトなどで探さなくても、自分で撮れてしまうため需要がないのかもしれません。誰でも手軽に撮影できる分既に大量の写真がアップロードされており、供給過多の状態なのかもしれません。

自分では「綺麗に撮れたなぁ」と思っていても(花の写真は大抵綺麗に撮れますからね…)、同じタグで検索してみると、更に綺麗な写真を掲載している方がたくさんいます!

 

また同じ品種の植物や花なら、どれも似たような雰囲気になりがちです。差別化もしにくいので、大量の作品の中から自分の写真をダウンロードしてもらうのは至難の技だと感じました。同じような理由から、加工を施していない単純な空や雲の写真なども、厳しいのではないかと感じています。

 

今後、花・植物関連の写真は控えめにしようと思いました。

 

適切なタグさえついていればまずはOK

photoAC(写真AC) では、一つの写真に対して最大50個のタグをつけることができます。

タグが多いほど検索に引っかかりやすく、露出が増えて発見率が高まるはずなので、可能な限りたくさんつけた方が良いとは思います。ただ先月も書きましたが、一つの写真に対して50個ものタグをつけるのはなかなか大変です(単純な写真であればあるほど)。

しかも10月中のダウンロードの様子を見ていると、多くのタグをつけてた写真がたくさんダウンロードされているのかといったら、そうとも限らないのです。MAXの50個タグをつけても、ダウンロードゼロなものはゼロ!

反対に、タグの数は10個前後でもコンスタントにダウンロードされる写真もあります。需要がある写真であれば、数は少なくても適切なタグがついていれば発見してもらえるのでしょう。タグの数がダウンロード数に与える影響は、あまり大きくないのかなと感じています。

 

考えてみれば当たり前のことですが、一番重要なのは写真作品そのものに需要があるかどうか、ということなのですね。タグの効果だけでドカンとダウンロード数アップ!なんてことには、なかなかならないと思います。よってタグ付け作業は引き続き空いた時間にちょこちょこやることとして、あまりここに時間をかけすぎないようにしたいと思います。

 

それでは、11月こそ新規掲載200枚を目指してコツコツ頑張りたいと思います!

お金のことカテゴリの最新記事