スマホで撮った写真でもOK! photoAC(写真AC)にクリエイター登録してみました

スマホで撮った写真でもOK! photoAC(写真AC)にクリエイター登録してみました

日頃からお世話になっているphotoAC(写真AC)。最近、クリエイター登録をして写真のアップロードを始めてみたので、今日はそのお話です。

 

このブログで使っているフリー素材も、ほとんどがphotoAC(写真AC)からダウンロードしたものです。ブログやサイトを運営していると、アイキャッチや本文中に挿入するイメージとして写真素材が必要になることは多いですよね。そんな時、種類も豊富で基本的に料金もかからないphotoAC(写真AC)は、めちゃくちゃ頼りになる存在です。

無料写真素材なら【写真AC】

このようなサービスを「ストックフォト」というそうです。有名どころだと PIXTA、Adobe Stock といったサービスがありますね。

ストックフォトとは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。

出典:Wikipedia

 

スマホで撮った写真でもOK!

写真ACのクリエイター(写真を撮影してアップする側)になってみようと思ったのは、いつものように写真をダウンロードをしていた時に表示された、この広告(↓)がキッカケでした。


写真AC広告

・スマホで撮った写真がダウンロードされる度に最大10円の報酬が発生

・すでに400万円以上稼いだ方もいます!

 

「400万円以上だと…?」

もちろんトップクリエイターの方の数字なんでしょうけど、その金額に目が「¥」になる私! 夏前から気になっていましたが、なんだかんだグズグズしていて、登録したのは今月になってからでした。

「400万円」も気になりますが、一番のポイントは「スマホで撮った写真」でも良い、という点です。てっきりこうしたストックフォトサービスに掲載されている写真は、高画質・高機能なデジタルカメラで撮影されたものばかりだと思い込んでいたからです。

 

もちろん審査基準が厳しくスマホ写真ではダメなサイトもあるのかもしれませんが、少なくともphotoAC(写真AC)に関しては「スマホで撮った写真」OKと明記されています! これは始めるしかない! というのも私はスマホで写真を撮るのが大好きで、過去に撮った写真がたくさん、Googleフォトに眠っていたからです。

 

上にも挙げたように、PIXTA、fotolia などストックフォトサービスには色々ありますが、プロのカメラマンが掲載するようなところは、さすがに審査も厳しいようです。写真を撮るのは好きだけど、今のところ本格的に勉強したり、機材にお金をかけたりする気はない… そんな私レベルでも掲載できて、お小遣いを稼げる(かもしれない)ストックフォトサービス… となると、やはりphotoAC(写真AC)がよさそうです。

 

クリエイター登録をしよう

既にダウンロード会員としてphotoAC(写真AC)を利用している場合でも、それとは別にクリエイターとしても登録が必要になります。

ダウンロード会員はメールアドレスのみでOKなのに対し、クリエイター会員の場合は加えて氏名・住所・生年月日・電話番号などの個人情報も登録する必要があります。

写真ACクリエイター登録画面

登録が済んでも、すぐに写真の掲載を始められるわけではありません。写真をアップロードするその前に、本人確認書類をアップロードしなければなりません。本人確認書類の確認が終わるまでは、写真素材をアップロードすることはできないしくみになっていました。私は運転免許証をアップロードしましたが、確認は数時間で完了したと記憶しています。

まあ、最終的にはphotoAC(写真AC)よりお金をもらおうというのですから、当然ですね。

 

どれくらい稼げるの?

photoAC(写真AC)は1ポイント=1円のポイント制で、5,000ポイント貯まると換金申請ができるようです。では、写真が1枚ダウンロードされる度に何ポイント貯まるのでしょうか…? それは、写真の種類によって異なります。

AI(人工知能)の学習用素材としての利用を許可した場合

人物写真(顔が認識できる):10ポイント

それ以外:3ポイント

AI(人工知能)の学習用素材としての利用を許可しない場合

人物写真(顔が認識できる):5ポイント

それ以外:2.75ポイント

 

このように、顔が認識できる人物写真の単価が高いので、効率よく稼ごうと思うなら、人物写真一択!ですね(人物写真をアップロードするには別途モデルリリースを提出する必要があります)。

AI(人工知能)の学習用素材としての利用… これは詳しいことは分かりませんが、自分がアップロードした素材を利用して、photoAC(写真AC)がAIに(実在しない)人物や風景の写真を作らせる、ということだと理解しています。

特に問題がなければ、設定画面から「許可する」にチェックを入れておくと単価が上がりますよ。

 

photoAC(写真AC)に登録して1週間! 承認率は? 利益は?

クリエイターとして活動している他の方のブログなどを参考に見てみると、やはり顔が認識できる人物写真の需要が圧倒的に高い、という意見が多かったです。確かに私自身、ブログに挿入する写真としては表情が見える人物写真をよく使うもんな… 稼ぐには、やっぱり人物写真が良いのでしょう。

スマホで写真を撮る女性の後ろ姿
ただ、今はモデルになってくれる人もいませんし、ひとまずGoogleフォトを圧迫している過去の写真集から、使えそうなものをピックアップしてアップロードしています。人物写真でなくても、いろんな需要があると思うので… 何が必要とされるかは分かりません。今の段階では、まずは数かな、と考えています。意外なところでニーズを発掘できたら面白いかも!

 

さてさて、登録して1週間。やっとのことで50枚アップロードしました。自分でも、思っていたほどアップできませんでした。点数としてはたくさんあるものの、いざアップロードしようとすると自分でも選んでしまって、ボツになったものも結構あります。

あと、タグづけに時間がかかる! 写真1点につき最大50のタグをつけることができて、もちろん検索流入を考えるとタグは多ければ多いほど良いわけですが(無関係なタグをつけるのはNG)、正直1枚の写真からタグを50もひねり出すのはなかなか大変で… このあたりも何か効率の良いやり方はないかなと模索中です(AIが手伝ってくれるんですが、的外れなタグも多いので、選別するのに逆に時間が掛かったり)

で、50枚アップロードした審査結果がどうだったかというと、こちらの通り。

公開(合格):19

非公開(不合格): 21

審査待ち:10

承認率 48%… 私の写真がヘタっぴな可能性もありますが、意外と厳しいじゃん! という感覚です。私の腕だと、アップロードした写真のだいたい半分くらいはボツになる、という感じでしょうか… 現時点では過去の写真からピックアップしてアップロードしているだけで、「ストックフォト」を意識したものではないので仕方ないかもしれません。これからは写真の用途まで想像しながら撮ってみようと思います。

 

さて、肝心の報酬ですが。19枚公開されたことで、いったいいくら稼げたのかと言いますと…

写真ACの会員ページトップ

5.5ポイント=5.5円でした!

ダウンロードされた枚数としては、2枚です(2.75×2枚)。…でも、凄い! 一体誰がダウンロードしてくれたのでしょうか? 金額的にはわずかではありますが、凄く嬉しいですし、この2件のダウンロードのお蔭でモチベーションが上がりました!

稼いでいるクリエイターの方は、何百枚、何千枚とアップロードされているようです。

無料写真素材なら【写真AC】

私もがんばらなくては^^

お金のことカテゴリの最新記事