4ヶ月後の引越に向けて、モノの整理はじめます

4ヶ月後の引越に向けて、モノの整理はじめます

約4ヶ月後に控えた引越――… 直前に慌てないためにも、少し早いですがモノの整理をはじめました。子どものおもちゃの整理や、ベランダの家庭菜園の後始末など、できることからやっていきます。

 

我が家は来年3月に、東京を離れて私の地元に引越します。

長男の小学校の入学準備とも重なり、また0歳児の次男がいる中での引越となるため、かなりバタつくであろうことが予想されます。引越先も賃貸物件なので、下見だけは少し早めにできるとしても、最終的な契約は直前でないとできませんし…

 

芝生に置かれた白い家の置物

 

「まだまだ来年の話」なんて思っていると、引越時に大変な思いをすることになりそうです。

この記事は半ば自分用メモですが、引越の約4ヶ月前である今の時点から進めておこうと思っている内容をまとめておきます。

 

不要なモノの処分を意識した生活

私はこれまでに何度か引越を経験しているのですが、どの引越でも、一番厄介なのが「モノ」でした。

大型家具や家電よりも、食器・衣類・オモチャ・本など、小~中サイズのモノの整理や荷づくりの方が、数倍も大変でした。

毎回毎回、引越のタイミングで不用品を整理しようと張り切ってはいたのです。

でも、いつも仕事と並行しての引越だったのでバタバタしてしまい、結局モノの選別も処分もできず、何だかんだ不要なモノと一緒に引越してしまう始末。そして、新居でも不要なモノと一緒に、新生活を始める羽目になるという…

 

モノの数を多少減らしたところで、引越料金にはさほど影響はないかもしれません。

が、そういう問題ではなくて、やはりスッキリとした気持ちで新生活を始めたい。そのためにも、要らないモノは今の時期からどんどん処分して、本当に必要なモノだけを持って引越をしたいと思っています。

そんなわけで、まずはオモチャ箱にもりもりになっていた長男の玩具から、本人と一緒に選別をかけてみました(勝手に棄てると怒られますから)。

水鉄砲と子供の手

チェックしてみると、壊れたオモチャや、マックのハッピーセットのおまけ、UFOキャッチャーで捕った巨大なぬいぐるみなど、もう遊ばないモノも結構あることが判明。

一瞬、「次男が使うかも…?」なんて思ったりもしましたが、次男には次男の、また新しいオモチャがやってくるでしょうから。

その他、衣類や靴、本なども、すぐには処分しないにしても、必要か否か(引越先に持っていくかどうか)を常に意識しながら生活したいなと思います。

 

事前に実家に運んでおくモノの整理

新しい住まいは、私の実家の近くにする予定です。

実家との「スープの冷めない距離」を想定し、その範囲内でいくつか物件は目星をつけてあります(実際に入居できるかどうかはまだ分かりませんが… 最悪入居できなければ、物件が見つかるまでの数ヶ月、実家に居候するという手もあるかな)。

 

引越先と実家は、徒歩圏内。

この後、12月(年末年始)と来年2月(入学説明会の際)の二度、車で帰省する予定があります。

その際に、事前に運べるものは運んでしまって、入居まで実家に置かせてもらおうと考えています。引越の荷物は少しでも少ない方が良いですし、空いたスペースを使って引越荷物の整理もできます。

今のところ、事前に運ぼうと思っているのは、五月人形! この後、来年の5月までは絶対に出番はありませんし、引越のドタバタの中で傷でもつけてしまったら… と思うと、ちょっと心配だからです。

それからクリスマスツリーも。2月の帰省の際に運んでしまえたらいいなと思っています。

 

実家はもともと家族7人で暮らしていた二世帯住宅ですが、去年から今年にかけて祖父母が他界してしまい、今は私の父と母だけ。かなりガランとしています… モノを置かせてもらっても問題ないでしょう。既に父には話をつけてあります。

引越した後、必要に応じて徒歩で持ち運べばいいかななんて思っています。

 

ベランダの掃除、植木鉢・プランターの処分

我が家のベランダは現在、結構散らかっています… というのも、以前に野菜や花を育てた植木鉢やプランターが、そのままになっているからです。

幸い、草花の季節は終わって現在進行形で育っているものはありませんので、土の入った植木鉢・プランターを処分すれば良いだけです。

ただ数が多くて(7~8個はある)、おまけにカボチャを育てようと設置した大きなプランターもあるため、直前に片づけるとなるとかなり時間がかかってしまいそうです。

特に引越の時期… 2月3月などはとても寒いので、そんな時期に凍えながらベランダで作業をするなんて絶対イヤ! 本格的に寒くなる前… できれば11月中に、植木鉢やプランターの処分はしてしまいたいと思います。

 

植木鉢に入った土とか、どうしたらいいんだろう…

 

大型家具、家電の行方を決める

洗濯乾燥機と冷蔵庫は必須アイテムなので、それらは持っていくとして…

例えばリビングのテーブル、イス、ソファやテレビ台、タンスなどは、必ずしも引越荷物として持っていく必要はありません。ほとんどがIKEA製で値段的にも格安のものが多かったので、もしかしたら、こちらで処分してしまって引越先で新しいものを買った方が安いかもしれません。

こればっかりは、引越会社に見積をお願いしてみないことには分かりませんが…

処分して新しく買うのと、持っていくのと、どちらが安く済むのでしょうね? そのあたりのことも、引越会社が繁忙期に入る前に調べて、決めておいた方が良いだろうなという気がしています。

 

カレンダー

 

今のところ、そんな感じでしょうか。

モノを増やさないこと、処分すること、大型家具・家電についても、持っていくのか、処分するのかを早めに決めておくこと。

 

モノを減らすことができればその分引越も楽になりますし、あわよくば費用も抑えられる… かも。

何より、新居でスッキリとした新生活をスタートすることができます。

 

まだ4ヶ月近くあることですし、ゆっくりと、でも確実に引越準備を進めていきたいと思います。

雑記カテゴリの最新記事