細かいことは後からでいい。不完全な記事でも投稿してみようと思う

細かいことは後からでいい。不完全な記事でも投稿してみようと思う

最近、なかなかブログ記事が書けなくて悩んでいました。

「書けない」というのには2つの意味があって、ひとつは書く時間がないということ。もうすぐ7ヶ月になる次男が、PCに向かわせてくれません(笑)

もうひとつは、文字通り「書けない」… 記事が形にならない、何を書いたらいいのか分からない、結論まで持っていけない、などなど。

書くことは好きだし、書きかけのアイデアはスマホのメモ画面に貯まっているし、ブログの収益化ももっと頑張りたい。けど、記事を完成させて投稿することができず、上手くいっていない状態でした。

どうしたら、現状を打破できるのだろう…

ちょっと考えてみました。

 

PCに向かわなければ書けない。そう思ってました

私は基本的に、記事を書く時はPCで書いていました。そうでなければ書けないと思っていました。

私がブログを始めたのは会社員の頃でしたが、仕事が暇だったので勤務中にデスクのPCからWordPressにログインして記事を書く、という悪い社員でした。

あとは夜、息子を寝かしつけてから眠い目を擦りながらPCに向かって… とか。

PCに向かってじっくり考えなければ書けないと思っていましたし、レイアウトにも凝りたかったのでそうしていました。

レイアウトに関しては、読者目線でキレイに出来ているかはともかく、自分なりにこだわってきたつもりです。綺麗なページ、見やすいページを作りたい、といつも思っていたのです。

でも、ここにきて少し考えが変わってきました。

 

重要なのは記事の内容(文章)だ

見た目がキレイなブログにしたかったので、AC写真でカッコイイ画像を厳選(笑)してダウンロードして、ブログ記事に配置していました。

どうしても、画像のダウンロード&アップロードを伴う場合、PCでの作業の方が確実で早いと感じており、そうなると「ちゃんとPCに向かえる時間がある時に書こう…」と記事を書くのが後回しになってしまいます。

でもAC写真から画像をとってくることって、ブログを運営していく上でどの程度重要なんだろう?と疑問を持つようになりました。

この過程、時間がかかる割にアクセス数の向上とは関係ないし、(私好みの)綺麗な写真を貼ったところで、単なる自己満足でしかないような…

私も他の方のブログをよく読みますが、気になるのはただひたすら「本文」です。

解説系の記事で画面キャプチャが必要な場合はともかく、イメージ画像ってそんなにベタベタ貼る必要もない。

PCで書いてもスマホで書いても、文の内容に差は出ません。スマホなら、子どもを寝かしつけたあと自分も横になりながら書けるし(寝落ちの可能性もあるけど、それはそれでOK)、会社員の頃だったら、通勤電車のなかでも書けたはず、と思うのです。

 

どうせ広告でレイアウトは崩れる

最近、このサイトにGoogleAdSenseの自動広告を導入しました。

AdSenseコードをひとつ貼れば、あとは適切な位置をAIが判断して広告を表示してくれるというものです。

「適切な広告の位置」については、素人の私よりGoogleのロボットよほうがよほど詳しいに決まっているので、私は今後も自動広告を使いたいと思っています。

しかし!この自動広告、意図しないところに広告が出るんですよね…

画像の下に広告が出ることも多いし、画像と広告の雰囲気が全然合っていないこともしばしば(これは自動広告に限らず、GoogleAdSenseを利用するならそうなっちゃいます)

せっかく画像を厳選して貼ったとしても、自動広告によってレイアウトは崩れるし、サイトの雰囲気も完全に理想通りにはならない。でも、私はAdSenseを利用したいと思っているので、これは仕方がない部分です。

なので、レイアウトなんてあんまり気にしても意味ないんじゃ、と思うようになりました。

 

調べながら書くのでなければ…

私は記事を書く時に、「調べながら」書くことが多かったんです。

他にもいくつかタブを開いて、書こうとしているテーマについて調べながら書いていました。

対象のテーマについて知らないことも沢山あったし、文章についても「こういう言い回しはおかしくないか」、「他の人の意見は?」など、書きながらもとにかく検索検索検索…

「調べなから書く」にはやはりPCが便利で、そうなると「きちんとPCに向かえる時に…」と例のごとく先送りにしてしまいます。そこで、この「調べながら書く」というスタイルをやめてみようと思ったんです。

調べるのはもちろん大事だし、不完全な知識で以て薄っぺらい内容を、「ただ記事数を増やすためだけに」投稿するのは良いことだとは思いません。目的は記事数ではないので。

ただ、そもそもここは個人ブログであり、自分の知識や考えを発信していく場なのですから、「そこまで調べなければ書けないこと」をわざわざ記事にすべきではないのかもしれません。

あれこれ調べなければ書けないということは、そもそも私はその事についてよく知らないのであり、だったら私が書く必要もないわけです。

調べながら書くことで「間違いの少ない」記事にはなるのかもしれませんが、所詮ネット上に転がっている情報のツギハギにしかなりません。

スマホは調べながら書くのには向きませんが、代わりにネットの海で無駄に遊んでしまうのを避けられます。

きちんとした出典、裏づけが必要な場合は後から追記するとして、まずは自力で結論まで書いてみる訓練をしてみてはどうだろう!と考えました。

それならスキマ時間を利用して、スマホからでも投稿できます。

 

あとからレイアウトを修正するのは簡単だから

記事本文さえある程度書けていれば、後から画像を追加したり、改行を入れたりして読みやすくする作業は、さほど大変ではありません。

これまでは、できる限り完全な形に近づけてから投稿しなければ、と気合いが入りすぎていました。

だけど、不貞腐れるわけではないのですが、そこまで気合を入れて投稿したところですぐには読まれないんですよね……

記事がGoogleにインデックスされて、検索に引っかかるようになるには時間がかかります。検索に引っかかっても、すぐに訪問してくれる人がいるとも限らない。

だったら多少不格好でも先に投稿してしまって、アクセスが来る頃までに多少マトモな見た目にできていればいいじゃないかと。

そんな感じで、少し緩く考えるようになりました。

 

不完全でも投稿してみよう

記事を投稿することに対して、ちょっと慎重になりすぎていたかなと思います。

その結果、投稿はスピードダウンどころか最近ではほとんど書けなくなってしまっていました。

これじゃ全く意味がない…

しばらくは、自分としては不完全であっても、とにかく一通り書いて投稿することに重きを置きたいと思います。

逆に投稿しなければ永遠に未完成なままですが、投稿してしまえばその後の加筆修正で完成するかもしれない。

というわけで、この記事も画像は貼らず、PCからのレイアウト確認もせず、WordPressのアプリから投稿しちゃいます!

雑記カテゴリの最新記事