ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

オムツかぶれの予防、再発防止に。助産師さんに教えてもらったおしりの拭き方

      2018/09/03

見るだけでツラい!赤ちゃんのオムツかぶれ

長男が新生児の頃、オムツかぶれを起こしてしまい、とてもツラかった憶えがあります。

一ヶ月健診で指摘され、サトウザルべという塗り薬を処方されました。オムツ替えの度に必死になって塗りましたが、良くなったようなならないような…

家族にも「おしりが赤くなってるわね。痛そう、可哀相」などと言われ、とても憂鬱でした。

赤くてヒリヒリしそうなおしりは、見ているだけでツラくなります。

数ヶ月経ってウンチの回数が減った頃から自然と治っていきましたが、できればかぶれは起こしたくないですよね。

 

今回、4月生まれの次男は、オムツかぶれになりませんでした。

産まれた季節や肌質の違いもあるのかもしれませんが、そうでないとしたらひとつだけ、思い当たることがあります(使っているオムツは今回も同じ、大王製紙の「グーン GOO.N」です)。

 

入院中に助産師さんに教えてもらった方法ですので、オムツかぶれの<予防策>として、是非試してみてください。

 

助産師さんに教えてもらった方法とは?

実はこれ、本当はオムツかぶれの対策として教えてもらった方法ではないのです。おしりふきの節約として、教えてもらったやり方です(笑)

 

入院中、出産から2~3日目には、私は病院から支給されたおしりふき1パックを全て使い切ってしまいました。

ウンチの時は、まずシャッシャッシャ! とおしりふきを4~5枚出してからおむつを替えるのが私の癖です。長男の時から、そうでした。それで足りないことも多く、さらに数枚シャッシャッシャ!

 

新生児の頃は特にウンチがよく出るので、おしりふきはすぐに1パックなくなってしまいました。

新しいおしりふきを欲しいと当直の助産師さんに伝えたところ、「え!もう?」と言わんばかりの顔(実際には言ってませんよ)で私を見て、

 

「お母さんね、ウンチの時にはまずオムツの乾いた部分でガッツリ拭いちゃうの。そうすれば、おしりふきは一枚で済むわよ」

 

言われた時は、何だよケチ臭いな… と思ったのですが、仕方なく言われた通りにしている内に、次男のおしりの状態が良いことに気がつきました。

助産師さんが教えてくれた方法は極々簡単で、オムツをあけてウンチが出ていたら、写真の○印の部分であらかた拭いてしまうのです。

で、残りの肌についている分を、おしりふきで拭いてあげる。おしりふきは1~2枚で、確かに綺麗になりました。

 

それまでは、ウンチでベチョベチョに濡れたおしりを、これまた水分を含んだおしりふきで拭いていました。

なかなか綺麗にとれないし、だから何度も何度も拭くことで、肌に負担をかけてしまっていたのかもしれません。

助産師さんの指導の通り、まずオムツであらかた拭いてしまい、それからおしりふきを使うようにすると、おしりの乾きも早いような気がしました。

 

次男については入院中から退院後もずっとこの方法で拭いていたからか、2ヶ月を過ぎた今でも、一度もおむつかぶれを起さずに済んでいます。

 

オムツかぶれの<予防策>としてお試しください

長男がおむつかぶれを起こしてしまった時は、私も慌ててネットで色々と調べて回りました。

書かれている対策は大抵同じでしたが、あまり効果的だったとは思えません。既にかぶれてしまっている状態だったので、余計に大変だったのかもしれませんが。

 


・ウンチの度にシャワーで流しましょう ⇒ とても毎回はやっていられない

・オムツ替えの度に保湿しましょう ⇒ 常に湿っていて、むしろ悪化しているんじゃないかという気が。…というか、乾かすのがいいのか、保湿するのがいいのか、どっちなのよ?!

・よく乾かしてから新しいオムツを穿かせましょう ⇒ オムツを外して乾かしている間に、オシッコを飛ばして大惨事…


 

などなど。

 

ただ、この「オムツの乾いた部分で先に拭いてしまう」方式も、既にかぶれを起こしてしまっている場合には有効な手段ではないかもしれません。

痛がったり、摩擦で余計に悪くしてしまったりする可能性もあるので、まずは小児科を受診してください。

 

でも、オムツかぶれの<予防>や<再発防止>には、一定の効果があるのではないかと思います。専門家である助産師さんが教えてくれた方法ですから、悪い方法ではないでしょう。

 

現状、肌に異常がなければぜひ試してみてください。

 

あ。それから確かに、おしりふきの節約にもなっていますよ(笑)とても助かっています。

  関連記事

妊娠中、私が特にツラかった5つのマイナートラブル

目次1 “マイナー”とはいえ…充分ツラい妊娠中の不快症状1.1 第5位:耳が詰ま …

東京おもちゃ美術館の「赤ちゃん木育ひろば」が、とても過ごしやすかった

目次1 東京おもちゃ美術館に行ってきました2 1Fの「赤ちゃん木育ひろば」。小さ …

“大迷惑な乗客”にならないために!幼児と高速バスに乗る場合の注意事項

ゴールデンウィークは高速バスで息子とふたり、私の実家へ帰ってきました。 この記事 …

35歳、2人目を妊娠することができました!…が、19週の今日も終わらないつわり

目次1 ただいま、妊娠19週目!2 会社を辞めて良かった3 やっぱりしんどい「つ …

憂鬱な母乳育児を少しでも前向きに!母乳育児のメリットを考える

長男の時は、母乳育児が憂鬱でした。 初めての出産でとにかく気持ちに余裕がなく、「 …