ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

格安SIMの契約には、クレジットカードが必須。家族名義で契約するなら、MNP予約番号の発行前に名義変更を

      2017/04/24

スポンサーリンク

mineoへの乗り換えは、とっても簡単でした

11月の末に、auから格安SIM mineoにMNPしました。

phone

乗り換え前は、「電波が通じなかったらどうしよう」「パケットが足りなかったらいやだな…」etc、色々と不安はあったのですが、全く問題なし!

(家にいる間は、Wi-Fiルーターに接続してパケットは節約しています…au時代より意識して)

私は手持ちの機種はそのままに、SIMだけ購入しました。手続き自体は全く難しくなく、むしろ拍子抜けするくらい簡単でした。

 

<契約の流れ>

mineoの公式サイトで、自分の機種が対応しているかを確認する。

②確認ができたら、auショップにてMNP予約番号を発行してもらう。

③MNP予約番号を手に入れたら、公式サイトから契約の手続きをする。

④審査のあと2~3日でSIMカードが届くので、差し替えてサイトから手続きをする。

⑤MNPの手続きが完了した時点で、元の携帯電話会社は解約となる。

 

こんな感じで、アッサリ完了。SIM入れ替え後の設定も、機種ごとにマニュアルが整っていて、めちゃくちゃ親切です。

格安SIMって、自分でいろいろ調べて手続きをしなきゃならなくて、いざSIMを買って差し替えて、ダメだとしても自己責任…みたいなイメージがあったのですが。

もしかしたら、最初はそうだったのかもしれませんが、今はサポートが充実していて間違えようがないと思います。

 

さて、こうして私自身の乗り換えは無事終了したものの、たれ蔵の手続きは遅れております…。その理由を少し書いておきます。

「クレジットカードを持ってないけど、格安SIMへMNPして、家族のクレジットカードで決済しよう」と思っている方がいたら、参考になるかもしれません(いるのかな…)

 

 MNP予約番号の名義と、mineoの名義が違うと契約できない

たれ蔵も、私と同時にauからのMNP予約番号を発行しました。

この時点では、私の分とたれ蔵の分、2件の番号をmineoにNMPし、月々の利用料金は私のクレジットカードで支払おうと考えていたのです。

 

が。いざ申し込みの段階になって、「MNP予約番号の名義と、mineo申し込み時の名義が違うと契約できない。家族でもダメ」ということが判明。

私の分は問題なかったのですが、たれ蔵に関しては問題大アリです。

auの契約名義はたれ蔵だったので、当然MNP予約番号の名義もたれ蔵になっています。

なので、そのままmineoに申し込むには、たれ蔵の名義で申し込むしか方法はないのです。

 

…が、ここで更にひとつ問題がありました。

 

mineoはクレジットカードがないと契約できない!

そうなのです。

mineoだけでなく、格安SIMの契約には基本的にはクレジットカードが必要みたいです。

楽天モバイル クレジットカード
楽天銀行デビットカード
スルガ銀行デビットカード
IIJmio クレジットカードのみ
UQ mobile クレジットカードのみ
DMM mobile クレジットカードのみ
NifMo クレジットカードのみ(※)
BIGLOBE クレジットカードのみ(※)
ぷららモバイルLTE クレジットカードのみ(※)

※プロバイダー契約をしていれば、既存の支払方法を選択できる。新規の場合はクレジットカードのみ

スポンサーリンク

 

たれ蔵は、クレジットカードを持っていません。デビッドカードなら持っているのですが…対応しているのは唯一、楽天モバイルだけ。

mineoは、デビッドでは契約できないとのことでした。一体、どうすればいいのでしょう?

 

mineoサポートダイヤルに電話して聞いてみた

phone

 

私:「私のカードで払いたいんですけど…何か方法はありませんか?」

 

サポート:「そうですね…MNP予約番号がご主人様の名義ということでしたら、ご主人様のクレジットカードでないとご契約自体、できません。」

 

私:「そうなんですか…」

 

サポート「ぐる子さんのクレジットカードでお支払いをご希望と言うことでしたら、一旦ご主人様のクレジットカードでご契約をいただいた後に、ぐる子さんのカードへご変更、という形でしたら可能です

 

私:「夫はクレジットカードを持ってないんです。もう夫の名義のままMNP予約番号を発行しちゃってるんでけど、どうしたらいいですか?」

 

サポート:「なるほど…そういうことでしたら…」

 

と、サポートデスクの担当者が教えてくれたのが、以下の方法でした。

 

①auにて、発行したMNP予約番号を一旦キャンセルする

②auの名義を、たれ蔵から私へ変更する

③その上で再度、MNP予約番号を発行し、改めてmineoに申し込む(おそらく②、③は同日にはできないので、翌日以降にすること)

 

というわけで、サポートに教えられた通りの手順を踏んで、やっとたれ蔵分の申し込みに至ったところです。

ちなみにサポートの担当はとても感じが良く、親切でしたよ。

 

まとめ

「クレジットカードを持っていないけれど、格安SIMを使いたい!」という人は、あらかじめカードを作っておくか、回線の名義をカードを持っている家族ものに変えておきましょう。

或いは、家族カードを発行してもらって自分名義で契約する、という手もあります。

いずれにしても、こうした準備はMNP予約番号を発行する前に済ませておきましょう!

 

MNP予約番号と名義が一致するクレジットカードがなければ、格安SIMへの移行はできません。

 

私たちも色々と回り道をした挙句、ようやく乗り換えに成功しました…

 

auでのMNP手数料、違約金の他、mineoでも初回は事務手数料が発生するので、初月は支払いがかさみますが、次月からはホントに「格安」と言えるようになりそうです。

ちなみにmineoの場合、家族割でも、複数回線割でも、各回線から-50円。

これまで二人で20,000円/月 かかっていた携帯料金が、5,000円/月 未満に抑えられる見込みです。

 

↓実際に使ってみてのレビューはこちら

auから格安スマホに乗り換えるならmineoがおススメ。夫婦で半年間使ってみた結果

mineo(マイネオ)の基本データ容量を1GBにしてみたけど、いけそうな気がする

  関連記事

メルカリ歴1ヶ月の私が、出品にあたって注意していること14

スポンサーリンク 前々回、記事にしたフリマアプリ「メルカリ」の件。初月の内に振込 …

カツカツだった手取り15万円の派遣時代を経て、いま私が大切にしているお金のルール

スポンサーリンク 私は、割とお金に好かれている方だと思います。 貯金が何千万とあ …

「ECナビ」、半年で稼げた金額は約22,000円でした。振り返りと今後のポイントサイトとの付き合い方

スポンサーリンク   去年の7月に「ECナビカードプラス」に切り替えた …

4年前の出産費用をやっと確定申告しました!自宅で書類作成&郵送でOKです

スポンサーリンク 目次1 医療費控除をしていなかった、4年前の出産費用2 税務署 …

家計改善のために「通信費」を見直し。格安SIMへMNPで、月13,000円の節約に!

スポンサーリンク 目次1 引っ越して家賃を安くするか、転園して保育料を下げるか… …