ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

家計改善のために「通信費」を見直し。格安SIMへMNPで、月13,000円の節約に!

      2017/04/20

スポンサーリンク

引っ越して家賃を安くするか、転園して保育料を下げるか…

来年からは、生活費は私の給料でまかなう。それを可能にするためにも、削れるところは削りたい。

money

…ということで、このところ、家計について色々と考えていました。

1ヶ月の支出の中でも、一番のウェイトを占めているのはやはり「家賃」です。

約100,000円。これを削れれば大きいので、もう少し家賃の安いところへ引っ越すことも考えました。

でも、今の部屋は日当たりもいいし、スーパーもコンビニもバス停も近いし、何よりタロウの通う保育園のすぐ裏なのです。

…というか、私達は保育園のすぐ裏を狙って、ここへ引っ越してきたのです!手放すには惜しすぎる場所。広さや間取りにも不満はありません。

また、月額家賃が安いところに引っ越すとしても、敷金や礼金、引越し費用が掛かることを考えると、節約にはなりそうにもない。来年は契約の更新があるので、更新料100,000円(家賃1か月分)が別途必要にはなりますが、だとしても引っ越すよりは安いでしょう。

というわけで、引越しは却下。

hiyoko

続いて検討したのが、「認可保育園へ転園する」という選択肢です。

タロウが通っているのは、「東京都認証保育所」。保育料は収入に関係なく一律(年齢と保育時間により異なる)で、我が家の場合は恐らく、認可保育園へ通うよりもやや割高です。

3歳児クラスからは、幼稚園へ移る子もいたりして、空きが出やすいと聞いています。転園させるなら、来年の4月がチャンスかも…?

でも、それもやはり気が進まず…。やはり「自宅と保育園が近い」というのは、朝も帰りも何かと便利なのです。認可へ転園させて1~2万浮いたところで、毎日の送り迎えが大変になったのでは意味がないし…

何より、息子が今の園に慣れていて、毎日楽しそうに通っているところを見ると…1~2万の節約(正確には幾らだか分かりません)よりも、安心・信頼できる園に通わせることのほうが重要、という結論に。

なので、転園も却下です。

 

削減の対象となったのは「通信費」でした!

保育料の次に大きいのは食費で、月30,000円ほどですが、ここを削るのは得策ではないように思われました。

3人家族で30,000円/月ならそれほど高いとは思わないし、仕事で疲れて作る気が起きないときは、買って帰ったり外食したりすることもあります。その余裕は残しておきたいし、残しておかないと多分私がもたない…

shout

続いて見て行くと、意外と高かったのが通信費でした。月に約25,000円、使っています。

内訳を見てみると…

  1. たれ蔵(夫)auスマホ:10,000~12,000円/月
  2. たれ蔵(夫)ワイモバイルPHS(通話・仕事用):3,500円/月
  3. ぐる子(私)auスマホ:8,000円/月
  4. インターネットGMOとくとくビービー(共有):2,980/月

変動することもありますが、この1年で平均すると大体こんな感じ。これまで特に意識しないで使ってきたのですが、合計してみると結構高いですね。

ココをどうにか削減できないものか、考えてみました。

 

PHSとインターネットは譲れません

たれ蔵は、仕事用にワイモバイルのPHSを利用しています。

まだWILLCOMだった頃に契約したものですが、月額基本料金約3,000円で、「1回の通話が10分以内なら、どの電話会社へ掛けても無料」なのです。

10分を越えると通話料が掛かるので、4,000円くらいになる月もありますが、それでもかなり安い方だと思います。

また、既に色んな取引先へ伝えていたり、業務上様々な手続きに紐づいている電話番号です。変更の手間を考えると… このままにしておきたいところ。

スポンサーリンク

parent

4.の“GMOとくとくビービー”は、我が家でインターネット接続時に使う、モバイルWi-Fiルーターの利用料です。

一年前に契約したのですが、“契約後2年間は2,980円(税込み)/月”で使い放題、という格安のキャンペーンでした。(現在は、既にこのキャンペーンは終了しています)

ただし、25ヶ月目以降は4,000円以上かかるようです。

住んでいる地域の関係もあるのでしょうか?電波が弱かったり、遅かったりすることもあるので、「2,980円なら使いたいけど…」という感じ。

だから、24ヶ月目に解約を企んでいますが、あと1年待ちます。2年以内に解約した場合、違約金が発生するみたいなので。

となると、残るは二人で20,000円近く掛かっているauの携帯電話料金です。

 

携帯電話料金は、格安SIMに変更することで安くできる!

思い切ってauを解約し、mineo(マイネオ)の格安SIMに変えてみることを、たれ蔵に提案してみました。

私が使っているのはHTC J One【HTL22】、たれ蔵はHTC J?butterfly【HTL23】。どちらもmineoに対応しているので、端末を買うことなく、SIMを入れ替えるだけでそのまま使えるとのこと!

mineo_ogp_v2

「格安スマホ」、「格安SIM」と言った言葉は、このところよく耳にするようになってきました。が、周囲はまだ大手キャリアの利用者ばかりで、格安スマホに変えた人はいません。

私自身も、「そんなに安くて大丈夫なの?」という不安があって、これまで積極的に検討したことはありませんでした。

が。計算してみたところ、多少不安はあっても挑戦する価値があると思えるくらい、節約効果がスゴかったのです!

 

料金は二人で、¥5,000/月に抑えられる計算になります。従来より-13,000円!

aプラン、デュアルタイプ(データ通信5GB+090音声通話)の場合、月額2,365円(税込)です。

2台で4,730円となりますが、複数回線契約の場合1台あたり50円引きになるので、合計で4,630円になります。

音声通話については「無料通話」の枠はないので、電話を掛ければ別途加算されるようです。

でも、たれ蔵にはPHSがありますし、私は音声通話自体ほとんどしないので特に支障はありません。
必要であれば、たれ蔵のPHSを借りればいいだけです。

というわけで、多少は掛ける可能性があると考えても、5,000円前後には抑えられると予想されます。

-13,000円。これは大きい。

家賃87,000円の部屋に引っ越すのと同等の節約です。しかも、引っ越すよりずっと簡単だし。

 

LINE普及のおかげで、メアドが変ってもさほど支障がない

MNPできるので、電話番号が変わる心配はナシ。

キャリアメール(@ezweb.ne.jp)は使えなくなりますが、今はこのメールアドレス自体ほとんど使っていないので、これもまた大して問題にはなりません。

家族、友人とのやりとりも、ほとんどがLINEです。

以前はキャリア変更をすると、メールアドレスの変更連絡がとても億劫だったのですが…今なら、「メールでやり取りをしている相手にだけ」連絡先の変更を伝えればいいので、だいぶ楽です。

正直、使い勝手は分かりませんが…使ってみてダメだったら他社に乗り換えたり、auに戻ればいいだけのこと。

これまで携帯電話会社の常識?のようになっていた、「○年縛り」というものがないので、身軽です。

(ただし、利用開始翌月から12カ月以内は、MNP転出手数料:11,500円とやや高いのが気にはなりますが…。)

たれ蔵は、データ通信が基本5GBまで(課金して追加購入はできます)なのが引っかかったようです。が、どれだけ安くなるかを懇々と話したところ納得してくれました。

man3

さて、こうして私達はauを解約して格安SIMへ変更することを決めました。

  関連記事

気がつけばビットコイン保有歴9ヶ月。日々、チマチマと増やしてます

スポンサーリンク 私はMt. Goxの破綻によって初めて「ビットコイン」の存在を …

報酬がもらえるSNS「Steemit」への登録方法、投稿にあたっての注意事項など

スポンサーリンク 目次1 Steemitへの投稿が、楽しくなってきました2 St …

ビットコインバブルに乗れなかった悔しさは一旦忘れる。「Steemit」でアルトコインを稼ぐことから再出発です

スポンサーリンク 目次1 ビットコインバブルに、乗れませんでした2 本当の爆上げ …

ソフトバンク光、オプションは全て解約して月額3,800円(税別)で使おう

スポンサーリンク 目次1 今年から、ソフトバンク光を使っています2 キャッシュバ …

auから格安スマホに乗り換えるならmineoがおススメ。夫婦で半年間使ってみた結果

目次1 格安スマホに乗り換えて、通信費は1/3以下になった2 auからの乗り換え …