ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

年会費無料で持てるゴールドカード!「エポスゴールドカード」招待までの道のり

      2017/04/24

スポンサーリンク

異様に眩しく輝いて見えた、上司のゴールドカード

6月のある日。会社で、上司から飛行機の手配を頼まれました。

「これでやっといてもらえる?」

その時に手渡されたクレジットカードが、ゴールドでした。

gold

…カードの種類は何だったのかさっぱり憶えていないのですが、金色のカラーだけは、私の心にしっかりと残りました。

クレジットカードを使うようになって7~8年。不思議とこれまでゴールドカードに憧れを抱いたことは、一度もありませんでした。

年会費を払ってまで、カードを金にして、何かいいことがあるんスかね?くらいの感覚。

だったのですが。

ひたすら興味がなかったゴールドカードに、なぜかその日は強烈に惹きつけられてしまったのでした。

 

その理由は、自分でもよく分かっていました。

 

昨年転職に失敗して、年収が大きく下がってしまったこと、です。

以前なら、ゴールドカードなんて持とうと思えば持てる、と無意識に思っていたのでしょう。でも今では、「年会費払いますから!」と言っても、断られてしまうかもしれない…。

上司のカードは、傷やカードリーダーで擦れた跡もついていて、決して綺麗ではなかったはずなのに…その時の私の目には、やたら光り輝いて眩しく映りました。

心なしか、自分のカードよりも重たいような気がするし(完全に気のせい)。

持てないかもしれない、と思うと、欲しくなるのです。見栄ですね。

 

「私も絶対、ゴールドカードが欲しい!」

 

こうして、私は単純な見栄から、ゴールドカードを目指すことになりました。

 

狙ったのはエポスカードの「インビテーション」

とはいえ、できれば年会費はないに越したことはありません。

もちろん、必要なサービスや特典があるのなら、年会費=無駄、ではないと思います。

が、私のように「とにかくキンキラキンのカードが欲しいです!」というだけであれば、払うものは無いほうがいいでしょう…。

色々調べてみたところ、既に持っていたマルイの「エポスカード」に、「インビテーション」という制度があることを知りました。

一般のエポスカードの保有者で、基準を満たした人には、カード会社側から、ゴールドカードの招待状が来るというのです!

これなら、自分からゴールドに申し込む必要もなく、カードを使いながらただ招待を待てばいい。

(審査に落ちて、ショックを受ける必要もありません)

しかも、インビテーション経由でゴールドカードを申し込んだ場合、年会費は永年無料です。

これは…狙うしかないでしょう。

私は、それまでほとんど使っていなかったエポスカードを、ゴールドに育てることを決めました。

 

エポスカウンターで「インビテーション」について聞いてみた

私がエポスカードを発行したのは2011年の秋。

ただ、他にメインで使っているカードがあったので、マルイで買い物をする時以外はほとんど使うことはありませんでした。

しかも、マルイで買い物すること自体、あまりないし…。過去の履歴を調べてみたところ、こんな感じ。

  • 2011年:約30,000円
  • 2012年:約50,000円
  • 2013年:0円
  • 2014年:0円

…これじゃ、使っていないも同然です。

今から使い始めたとして、招待が届くまでどれだけの時間が要るんだろう…。

 

と、そんなこんなでエポスカードについて調べているうちに、引越以降カードの住所変更をしていなかったことを思い出しました。

また、使うならメインバンクとして使っているネット銀行の方に紐づけたいと思い、諸々の手続きのために一度マルイのエポスカウンターを訪れることにしました。

エポスカウンターで、手続きのついでを装って「インビテーション」について聞いてみたのです。

 

「これ(インビテーション)って、どうしたら招待してもらえるんですか?」

 

デスクにはちょうど、インビテーションに関するパンフレットが置いてありましたので。

スポンサーリンク

担当の男性は、「基準は一概に“こう”とは申し上げられないのですが…」と前置きした上で、こう言いました。

 

「ひとつの目安としては、年間50万円以上のご利用がある方でしたら、届く可能性が高いです。ご招待の際に、簡単な審査もありますが」

 

彼曰く、社会人になって1~2年の若い人でも、逆にエポスカード1枚しか持っていないからガンガン使う→年間利用額50万円を超える→ゴールドの招待が届く…というケースもあるようで、それほどハードルは高くない印象を受けました。

「簡単な審査」とやらに通過するかどうかは別として、ゴールドの招待を受けるために私ができることは、とにかくまずエポスカードを使うことだけです。

 

メインカードが他にあったので、「小額でも頻度高く使う」作戦で

年間50万円といったら、すべての支払いを1枚に集中させれば難しい金額ではありません。

すぐさまメインカードをエポスに切り替えて…としたいところでしたが、ひとつ問題が。

その時点で私は、別のカード(ECナビカードプラス)を発行したばかりでした。

こちらは、お小遣い稼ぎを目的に作ったカード。

money

ポイント還元率が高めで(1.1%)、最終的には貯めたポイントを現金に交換できるので、ポイント還元を受けて家計の足しにするつもりでした。

そのために、水道光熱費、携帯代、インターネットなど、全ての支払いをECナビカードプラスに集約したばかりのタイミングだったのです。

ポイント還元によるお小遣いも捨てがたいし、何よりまた手続きをするのはかなり面倒です…。

woman7

考えた末、エポスカードとECナビカードプラスの2枚を、ケースに応じて使い分けることにしました。

 

■ECナビカードプラス…水道光熱費・携帯代・インターネット等の月々の支払い、スーパーやコンビニ、飲食店での1,000円以上の決済

■エポスカード…マルイでの買い物、スーパーやコンビニ、飲食店での1,000円以下の決済

 

こんな具合で、まずはエポスカードを小額(数百円)の買い物に使うことにしてみました。

というのも、ECナビカードプラスのポイント還元率は1.1%と高めではあるのですが、1,000円以下の買い物に対してはポイントがつかなかったからです。

当初の目的からして、ポイントがつかないのであれば、ECナビカードプラスを使う意味はありません。

なのでECナビカードプラスを使ってもポイントがつかない買い物に関しては、全てエポスカードで払うというルールにしてみました。

具体的には、毎日昼食をコンビニで現金払いしていたものを、エポスカード払いに変更(1日400~600円くらい)。

また、マルイでの買い物時はもちろん、近所のロイヤルホストでご飯やお茶をするときも、提示(10%OFFになります)ついでにエポスカードで払うようにしてみました。

ひとまずそれでどれくらいの利用金額になるか、様子を見てみることにしたのです。

 

…すると、エポスカードの利用金額はこんな感じに。

 

・2015年7月:約46,000

(マルイで化粧品、アクセサリーを買ったので金額高めです)

 

・2015年8月:約5,000

(ほぼ、コンビニでの小額利用)

 

・2015年9月:約60,000

(内、46,000円は半年分の定期代。残りはコンビニとロイヤルホストでの外食)

 

月によってかなりバラつきはあるものの、3ヶ月で利用額の合計は約11万円になりました。

もし、同じペースで利用できれば、1年で44万…50万円の利用も不可能ではないかも?

でも正直なところ、かなり頑張って使ってこの額だったので、やっぱりメインカードとしてエポスカードを使うしかないかな…

 

そんな風に考えていた、ある日のことでした。

 

続きます。

  関連記事

毎日が少し、明るくなりました。朝のラジオ体操はお勧めです

スポンサーリンク 目次1 先月から、近所の公園で行われるラジオ体操に参加していま …

格安スマホはJアラートを受信できないかも…「Yahoo!防災速報」アプリを入れておこう!

スポンサーリンク   昨夜、mineo(ケイ・オプティコム)からメール …

10代の頃はずっと太っていた。自信がなく気が弱い私の性格はその頃につくられた

スポンサーリンク 目次1 体型は、人格に影響を与える2 「気が弱い私」は太ってい …

無駄なネットサーフィンで頭が混乱状態。ブログも捗らない…だから「ポメラ」を買いました

スポンサーリンク 6月に入ってから、ブログの更新がすっかり滞ってしまっていました …

もし、国民保護サイレン(Jアラート)が鳴ったら?

スポンサーリンク 7月4日午前。またしても北朝鮮から弾道ミサイルが発射されました …