ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

興味と、ちょっとした期待からビットコインを持ってみることにした

      2017/05/12

スポンサーリンク

ふとしたきっかけで「BitFlyer」に口座を開設。ビットコインを持つことになりました

私が「ビットコイン」というものの存在を知ったのは、マウントゴックス経営破綻のニュースでした。

ニュースを見ても何だかよく分からないし、「何となく怪しいもの」程度のイメージしかありませんでした。

bitcoin

あれから一年半以上が経ち、つい最近のことですが、私はビットコインの取引所に口座を開き、少額ではありますがビットコインを持つことになったのです。

きっかけは、使っていたポイントサイトから、「BitFlyer」への交換が始まったこと。

私は長年のポイントサイト愛用者で、特に年収がガクンと下がった昨年は、大事な収入源としてチマチマとポイントを貯めていました。

どのサイトでも必ず、現金に交換していたのですが…

ある日、「ポイントオン」で交換可能額に達したので、いつも通り銀行に振込をかけようとしたところ、

「ビットコインへの交換が始まりました」

の文字が目に飛び込んできたのです。

ビットコインって、あのビットコイン?!

マウントゴックスの経営破綻が騒がれていたので、あれですっかり消え去ったものだとばかり思っていた私は、・・・無知だったのですね。

当時の私は「マウントゴックス=ビットコインの発行元」かのように思っていたのですが(実際、そんなふうに報道もされていたし)、マウントゴックスは取引所の一つに過ぎなかった。

むしろ、ビットコインを中心とする仮想通貨は、グローバルで着実にその存在感を増している。将来は、米ドルに並ぶような基軸通貨のひとつになる可能性は失われていない。

出典:楽天グループも導入、復活するビットコイン

世界最大級だったとはいえ、一取引所が破綻したところでビットコインの価値がなくなるわけではありません。

それどころか、あのニュースの後にもビットコインは着々と成長していた…らしいのです。

 

ビットコインとは?メリット、デメリットを調べてみた

興味は惹かれるのですが、ど素人の私にはよく分からない「ビットコイン」。

ポイントからの交換にあたって、少し調べてみることにしました。

woman7

ビットコインとは?

  • インターネットで流通する「オンライン通貨」の名称(実態がないので“仮想通貨”とも言われる)
  • 実際の通貨と同じように、経済の状況や需要によって交換レートが変動する
  • PCやスマホをお財布として、残高が保存される
  • 決済手数料が非常に安価(ほとんどかからない)
  • 日本人ナカモトサトシ氏が発明したとされる

メリット

  • 世界中どこへでも24時間自由に取引可能
  • 金融機関を介さず、個人間で直接送金ができる
  • 国が関与していないので、預金封鎖されることはない
  • 決済手数料が非常に安価
  • あらかじめ供給量が決まっている(21000BTC)ため、原理上はインフレしない

デメリット

  • 政府が承認していないので、何かあっても国は補償してくれない
  • 高い匿名性はメリットである一方で、犯罪に利用されるケースも…
  • 価値の変動が激しい。暴騰することもあれば、暴落することもあり得る

 

ビットコインを手に入れる方法

phone

スポンサーリンク

では、実際にビットコインを手に入れるには、どんな方法があるのでしょうか。

①取引所で購入する

ビットコインの取引所で口座を開設し、銀行振り込みをすることでコインを購入することができます。

また購入だけでなく、「モッピー」や「ポイントオン」などのポイントサイトからの「ポイント交換」により手に入れる方法もあります(私はこれでした)。

ビットコインの取引所はいくつかありますが、私が口座を開設したのは「BitFlyer」。使っていたポイントサイト「ポイントオン」からの交換先として指定されていたのが「BitFlyer」だったからです。

リクルートやGMOが、この「BitFlyer」へ出資しています。

 

②モノやサービスの対価としてもらう

商品やサービスを提供し、その代金をお金ではなくビットコインでもらうという方法です。

が、特に提供している商品もサービスもないし…。

 

③採掘(マイニング)する

ソフトを使ってビットコイン取引のチェックをすることで、報酬としてコインを得ることができます。(「採掘」と言うのは比喩なんですね)。

が、最近ではビットコイン採掘専用のコンピュータまで開発されるようになっていて、現在では普通のPCで採掘することはほとんどできないのだそうです。

高額な設備投資をする気はさらさら無いし…。

 

ということは、私がビットコインを手に入れるルートとしては、①取引所で購入する(ポイント交換を含む) の一択です。

 

ビットコインに大金は注ぎ込めないけど、選択肢が増えるのはいいこと

私がビットコインを持つ必要性は、今の生活の中では特にありません。

あるのはただの興味と、「価値の変動が大きい通貨なので、持っておけば資産価値が上がるかもしれない」という期待です。

choice

ビットコインの共有量はあらかじめ決められていて、時間が経てば経つほど、新規の供給量は減っていきます。

つまり、できるだけ早い時期に買い、持っておくことで勝手に資産価値が上がっていくという仕組み。

…となると、誰も日常の支払いにビットコインを使おうなんて思わないんじゃない?

その時点で、通貨としては機能していないんじゃない?という懸念は勿論あるのですが。

でも実際にビットコインを送金して売買をしている人もいるわけですし、皆がみんな、「貯めておいて価値を上げる」ことだけを目的としているわけではないのでしょう。

日本に暮らす私の場合には、日常生活の中でビットコインが必要となるケースは皆無ですので、自然と目的は「価値の変動(上昇)」に向かってしまうわけです。

とはいえ、まだまだ評価が定まっていなくて、今後どうなるか分からない通貨である以上、そこへ大金を注ぎ込むことはできません。

なのでしばらくは、ネット上の副業で生み出したお金やポイントで、コインを買うことになると思います。

先月、まずはポイントサイトからの交換で、ちょっとだけコインを持ってみました。8,000円分くらいです…。

これじゃたとえコインの価値が暴騰したとしても、億万長者にはなれないけれませんね(笑)

 

でも、なんだか楽しい。

 

もしかしたら、将来的にビットコインが必要になる場面も出てくるかもしれないし、支払いや貯蓄の手段をたくさん持っておくのは、悪いことではないと思いますので。

 

【2017.05.12後日談】

ビットコインバブルに乗れなかった悔しさは一旦忘れる。「Steemit」でアルトコインを稼ぐことから再出発です

  関連記事

格安スマホはJアラートを受信できないかも…「Yahoo!防災速報」アプリを入れておこう!

スポンサーリンク   昨夜、mineo(ケイ・オプティコム)からメール …

もし、国民保護サイレン(Jアラート)が鳴ったら?

スポンサーリンク 7月4日午前。またしても北朝鮮から弾道ミサイルが発射されました …

10年以上、何をしても治らなかったしつこい手湿疹が、まさかの「軍手」で良くなろうとしています

スポンサーリンク もうずいぶん長いこと、私は手荒れ(手湿疹)に悩まされてきました …

コメダ珈琲店のロゴ(Komeda’s Coffee)が気になって仕方がない

スポンサーリンク かなり、どうでもいい話ですが。   先週日曜のこと。 …

親子3人で2段ベッド。あんまり聞かないけど、意外と良いかもしれない。

スポンサーリンク 目次1 IKEAで2段ベッド「TUFFING」を買いました1. …