ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話④

      2017/03/31

スポンサーリンク

保育園の入園が心配で心配で、落ち着かない日々

shout

①駅前の認証保育所に生後5か月で入園させる

②施設としてはイマイチな認可外保育園に、育休明けから入園させる

認可外保育園の見学を終えた時点では、選択肢はこの2つしかありませんでした。あるいは、育休終了時期前後から、毎月認可保育所への申し込みをしながら、入園できるまで育休を延長する、という手もなくはなかったのですが…。

 

育休延長は得策とは思えなかった

babysmile

会社の育児休業規程では、認可保育所へ入園できない場合、子どもが満1歳6ヶ月になるまでの期間は育休を延長することができました。規定上は、無理に1年で復職しなくても、1年経った時点で認可保育所へ入園できなければ、育休を延長することは(一応)可能だったのです。

 

でも、それはあまりいい方法とは思えませんでした。

 

息子は11月生まれだったので、11月から翌年の3月までは「0歳児クラス」に申し込むことになります。でも、0歳児の秋~冬に、認可の空きが出る可能性は高くはありません。

さらに、4月以降は「1歳児クラス」になりますが、「1歳児クラス」は「0歳児クラス」以上に激戦です。

理由は主に、次の2つ。

スポンサーリンク
  1. 0歳児クラスよりは定員が増えるとはいえ、既に入園している園児の持ち上がりだけでも、ほとんどの枠が埋まってしまう(新規の入園枠は少ない)
  2. 私と同様、育休明けから入園させようとしている家庭が多い

私の場合、育休の延長ができたとしても最長で翌年の5月末まで。4月の一斉入園に漏れてしまった場合、残りの2ヶ月間で預け先を見つけるのは相当困難に思えました。

4月、5月中に認可の空きが出る可能性はほとんどありませんし、その時点で、認証保育所をはじめ他の保育サービスを確保できるという保証はありません。もし5月までに入園ができなかった場合、復職ができなくなってしまいます。

入園希望が殺到する時期に育休を食い込ませて落ち着かない思いをするよりは、早めに手を打つべきだ、という気がしたのです。

 

駅とは反対方向…遠いけれど、通えなくはない場所に認証保育所が!

そうは言っても、その二択の中から選ぶのはどうも気が進みませんでした。5ヶ月での入園も、イマイチな施設への入園も。ただ、通勤経路または駅方向には、認証にしろ認可外にしろ、もう保育園はありません。

そこで、もう少しだけ範囲を広げて探してみることにしたのです。

 

far

 

すると、もうひとつ…通えなくはない場所に認証保育所があることが分かりました。駅とは反対方向にあるので、通勤に便利とは言えない場所です。

朝は一旦駅とは逆方向に10分ほど自転車を走らせ、息子を預けてから再度駅に向かうことになります。帰りも、お迎え後Uターンをするようにして駅方向へ戻ってくる感じになるので、効率が悪いことは確かでした。

でも、通えなくはない距離です。

最終決定を下す前に、この園だけ見ておこう。そう思った私は、その認証保育所へ見学希望の電話を入れました。「秋生まれの0歳児」と言うと「ぁあ~」という反応(おそらく、“1歳になる秋からの入園は難しいですよ”、という意味)でしたが、その時点での空きはあるとのことで、見学OK。

数日後、息子を連れてにその認証保育所を訪問しました。

 

続きます。

  関連記事

産むまで終わらないこともある。だらだらと続く「においづわり」と3つの対策

スポンサーリンク 目次1 「においづわり」の衝撃1.1 せめて自宅だけは「無臭」 …

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話③

スポンサーリンク 目次1 通勤経路に、入園予約ができる認可外保育園を発見!1.1 …

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話①

スポンサーリンク 目次1 産休に入るまで保育園のことは全く考えてなかった2 まず …

つわりとは闘わない方がストレスは少なかったかもしれない

スポンサーリンク 目次1 だらだらと産むまでつづいた私のつわり2 病院でも相手に …

息子0歳の育児日記 ~目次~

スポンサーリンク 目次1 息子の育児日記が出てきました1.0.1 目次1.0.1 …