ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

「人は寝る前に考えた通りの人間になる」本当にその通り。私の人生は寝る前の思考そのものだった

      2017/05/13

スポンサーリンク

なかなか寝ない息子にジリジリしながら眠りにつく毎日

人間の夜の寝際の心は、「特別無条件同化暗示感受習性」という状態になっていて、ちょいとでも、考えたことはパーッと潜在意識に刻印されちまうんだ。

出典:「中村天風一日一話: 元気と勇気がわいてくる哲人の教え366話」(中村天風財団 編集)

 

これは日本の思想家、中村天風さんの言葉です。

寝る直前の心はとても暗示を受けやすく、この時間に考えたことは、それが本当でも嘘でも、良いことでも悪いことでも関係なく、すーっと自分の意識に刷り込まれてしまうんだそうです。

寝る直前に布団の中で考えたことは、潜在意識に焼き付けられ、自分の考え方や行動を支配するようになる。だから、その内容には充分、注意しなくちゃいけないんだよ、と。

 

最近知った話です。

 

そこで改めて、自分の「寝際」を振り返ってみたところ… もうがっかりするくらい、ろくなことを考えていなかったのです。そりゃ、悩みも増えるわけだわ。

 

まず、私の「寝際」はとても中途半端で、全然心が休まっていませんでした。

 

タロウ(2歳の息子)のお迎えを済ませ、家に帰るのが18時半ころ。

そこからバタバタとご飯、お風呂を済ませると、20時半くらいにはなってしまいます。20時半~21時というのが、2歳の子どもを起こしておくのにはギリギリの時間だな、と思っているので、ここで一旦子どもを寝かせにかかるわけです。

 

タロウを寝かしつけてから、家事をしよう。

それが終わったら、自分の時間だ。

 

そう考えて、まずはタロウを寝かしつけるために横になるのですが、これがなかなか、寝てくれない。

タロウが寝る時間が遅くなればなるほど、家事にとりかかるのが遅くなるし、その分「自分の時間」も減っていく。じりじりしながら考えることといえば、たいてい、悪いことです。

 

<早く寝てくれないかな…洗濯が残ってるし、部屋も散らかってるし>

<もうすぐ1時間になるのに。寝かしつけの時間って、ほんとムダだな>

<たれ蔵(夫)は今日も帰りが遅い>

<ご飯、お風呂、寝かしつけ…どうして私が全部一人でやらなきゃならないんだろう>

<共働きなのに、おかしくない?>

 

一旦そうしたイヤな感情に憑りつかれてしまうと、仕事のこと、お金のこと、と次から次へと良くない考えが浮かんくるのです。

 

人は寝る前に考えた通りの人間になる

<今日も会社でキツイこと言われたな>

<どうしていつも私は威張られるんだろう>

<来週は家賃の支払いがあるし>

スポンサーリンク

<カードの支払いをしたら、今月はほとんどお金が残らないかも>

<転職に失敗しなかったら、今頃もっと余裕があったはずなのに>

<あー…疲れた。疲れた。疲れた。>

 

結局そのまま眠気に勝てず、タロウより先に寝てしまうことがほとんとでした。暗い部屋で1時間も横になっていると、「もう一度起きる」というのは物凄く難しいのです。

 

――― また今日も、やるべきことができなかった。

 

毎晩そんな「がっかり感」を覚えながら、落ちる…という具合。私が寝る前に感じているのは、焦り・不安・後悔・怒り・疲労…そうした「負」の感情ばかりでした。

 

もし本当に、寝る前の思考がそのまま潜在意識に刷り込まれているとしたら?

私は毎晩毎晩これら「負」の感情を、自分の意識に焼きつけていたことになります。

 

確かに、日中私が考えていることも寝る前の思考と大差なく、不安や焦り、苛立ちが多いように思います。その原因のすべてが「寝る前の思考」にあるとは言わないまでも、影響がないとは断言できません。

 

いや!間違いなく、影響している。

私の毎日は、寝る前に考えていることがそのまま現実に映し出されたようなものです。

 

中村天風さんの場合、「良くないことを考えるとひきずってしまうから、何も考えないで寝るのが理想」と言っています。特に、「良いことを考えるように」と推奨しているわけではありません。

 

でも、寝る直前の感情は、そのまま眠りの中にも引きずられていく。

暗い気持ちで眠りにつくと、翌日も朝からすっきりしない。寝起きの気分が悪いと、その日一日が憂鬱になってしまう。

 

「潜在意識」云々は本当かどうか分からないにしても、寝る前に考える内容が、自分の生活に影響することは確かだと思います

「人間は寝る前に考えた人間になる」と断言しているサイトもあるほどでした。

 

これからは、子どもと一緒に寝てしまおうと思う!

これはダメだ、と深く反省。

まずは今日から「子供を寝かせてからまた起きる」という生活パターンを改めようと思っています。

寝る前の時間は、大切な時間。この時間をできる限りゆったりと、良い気持ちで過ごすためです。そして、残った家事に充てる時間や、「自分の時間」は、翌朝に設定する。

つまり早起きをする、ってことです。

 

今も結局は子どもと一緒に寝ちゃってることが多いわけですが…

でも、最初から眠るつもりで横になるのと、「後で起きよう」と思いながら横になるのとでは、気持ちの余裕が違います。初めから自分も一緒に寝るつもりでいれば、タロウが寝ようが寝まいが、焦ることはありません。

そうすれば、私ももっとゆったりとした気持ちで落ち着いて眠りにつくことができるんじゃないかと。

帰りが遅いたれ蔵に、腹を立てる必要もなくなる…かも。

 

そして寝る前の時間は、徹底して「いいこと」だけを考える!

 

今日から、ちょっと、やってみたいと思います。

  関連記事

悩みや不安はいったん無視して、一日の中で良い気分でいられる時間を増やしていこう

スポンサーリンク 目次1 遅ればせながらロンダ・バーンの『ザ・パワー』を読みまし …

愚痴は危険。繰り返し口にした言葉は「信念」になるから

スポンサーリンク 目次1 愚痴ばかりの同僚に、気づかされたことがあります2 断定 …