ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話②

      2017/03/31

スポンサーリンク

育休明けの「予約入園」に申し込むも、落選

11月の末に出産した私は、退院後すぐに予約入園の申し込みに向けて、動かなければなりませんでした。ちなみにこの「予約入園」、一般の4月入園と重複して申し込むことはできません。

letter

しかも、予約入園を受け付けている園自体が少なく、応募先はかなり絞られてしまいます。もしかしたら、4月の一斉入園より倍率は高かったかもしれません。

ただ、当時の私にとって「4月に4ヶ月で入園させる」という選択肢がなかったので、4月の入園は見送り、予約入園の方に応募することにしました。

 

「就労(採用内定)証明書」は、電話と郵送で会社へ依頼して取得。その他、指定された書類を記入して区へ郵送しました。

 

「入園申込書」には、「双方の両親が遠方で育児への支援は一切見込めないこと」「私(母親)の方が主たる生計者なので、育休終了と同時に復帰できないと経済的に大変困ってしまうこと」など、長々と書いてみました。

 

…そうすることを推奨している口コミを、ネットで見かけたからですが、効果のほどは分かりません…というか、冷静に考えてみればそんな追記で有利になってしまうとしたら、それはそれで問題でしょう。実際には、ほとんど意味はなかったと思います。

 

kamihikoki

 

結局しばらくして、「同一指数の応募者多数のため、抽選」という書面が届きました。

年が明けて、更にもうしばらくして、区役所からの封書が届きました。ドキドキしながら封を開けると…それは、「落選」抽選の通知でした。これによって、「育休終了と同時に認可保育園へ入園する」という道は、ほぼ断たれたことになりました。

 

5ヶ月頃から保育園探しを再開!

冬の間は、<保活>は一旦中断。4月にも、(育休明けの)秋にも入園はほぼ不可能であることが決まった以上は、急いで探したところで仕方がない、という判断でした。

それに、1~3月といえば、インフルエンザの季節です。もしかしたらインフルエンザが流行っているかもしれない場所に、0歳児を連れて行くのは躊躇われました。「暖かくなってから、再開しよう」そう決めて、5月までは動きませんでした。

 

5月下旬頃から、認可保育園の見学をスタート

baby'scar (2)

復職後しばらくは、認証保育所、保育ママ、或いは無認可保育所やベビーシッターのいずれかを頼りながら待機し、認可保育園の空きを待つつもりでした。5月の下旬から、認可保育園の見学を始めました。

スポンサーリンク

この時点では、「いずれは認可へ」と考えていたので、「将来的に長く通うことになる認可保育園」から先に決めようと思ったのです。

区役所から貰った資料を元に、通勤経路にある保育園、または「多少遠回りになるけれど通えなくはない」場所にある保育園を片っ端からピック。全部で4園。見学希望の電話を入れたところ、どこも快く日程調整に応じてくれました。

 

eyes

 

国の基準を満たしているだけあって、どの保育園も大きな違いはなさそうだ、というのが見学してみての感想です。

園によって「うちは布オムツです」とか、「老人ホームと併設されています」とか、ちょっとした特徴はあったものの、「絶対ここに入園させたい!」或いは「ここには入園させたくない」という決め手となるほどのものでもありません。

よって、「送り迎えに便利な順に希望を出し、一番最初に空きが出たところに入園させよう」と、方向性が決まりました。

 

駅前の認証保育所で「即入園なら、空きがある」

見学することで、それまで抱いていた「子どもを預ける」こと自体への不安はだいぶ解消されました。「認可ならどこへ預けても大丈夫そう」「(たぶん)それほど大きな違いはない」ということが分かったからです。

 

続いて、目先の入園先をどうするかを検討するべく、認証保育所の見学を始めました。前年の秋、電話でアッサリ断られた近所の保育園はパスして、最寄駅付近の認証保育所に見学希望の電話を入れてみました。すると、「現時点なら空きはあります」とのことで、見学させてもらうことができました。

 

見学した認証保育所は、建物は新しく綺麗で、セキュリティもしっかりしているように見受けられました。

 

ただ、やはり駅付近ということもあって、園のすぐ目の前は車通りの激しい大きな道路。保育室についても、ワンフロアに全年齢の園児がいる状態で、それまでに見学してきた認可保育園と比べると、狭苦しさは否めない感じはあります。

room (2)

園の雰囲気は悪くないけれど、環境がイマイチかもしれない…認可の空きを待つ間、待機するための園としてなら、アリかもしれない。そんな感触でした。

 

「今月入園なら、まだ空きはありますよ」とのことだったけれど、その時点でタロウはまだ生後5ヶ月。この月齢で入園させる決心もついていなければ、その保育所に入園させるかどうかも決めかねている状態です。

 

「問い合わせも増えていて…枠が埋まり始めているので、入園希望の場合には来週くらいまでにご連絡ください」

 

と、案内してくれた事務の女性。

 

「わかりました。いずれにしても、来週連絡します」

 

私はそう言って、保育料金の資料を貰って帰りました。

 

続きます。

  関連記事

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話⑤

スポンサーリンク 見学希望の電話を入れた数日後、私はその<駅とは反対方向にある認 …

息子0歳の育児日記 ~目次~

スポンサーリンク 目次1 息子の育児日記が出てきました1.0.1 目次1.0.1 …

産むまで終わらないこともある。だらだらと続く「においづわり」と3つの対策

スポンサーリンク 目次1 「においづわり」の衝撃1.1 せめて自宅だけは「無臭」 …

妊娠中、私が特にツラかった5つのマイナートラブル

スポンサーリンク 目次1 “マイナー”とはいえ…充分ツラい妊娠中の不快症状1.1 …

都内の保育園事情について全くの無知だった私が、今の認証保育所にたどり着くまでの話①

スポンサーリンク 目次1 産休に入るまで保育園のことは全く考えてなかった2 まず …