ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

記事を投稿して暗号通貨をもらおう!「Steemit」で日記を投稿してみたら…?

      2017/05/26

スポンサーリンク

 

「ビットコインバブルに乗れなくて、もう悔しくて悔しくて…!」

 

という話は、先日も書いた通りです。

私は高騰する直前のタイミングで、持っていたBTCを全て売ってしまった人間です…。

 

でも高騰している今のタイミングでは、恐ろしくてとても買い戻すことができません。

 

よって、別の方法で再度ビットコインを手に入れることにしたのです!

 

記事を書いて暗号通貨がもらえるSNS「Steemit」

 

 

それが、SNSサイト「Steemit」に記事を投稿する、という方法でした。

このサイトで、アルトコイン「STEEM」を手に入れ、それをビットコインに交換する!という作戦です。

確実に時間はかかるものの、取引所で買うのとは違い、ノーリスクです。

 

【関連記事】ビットコインバブルに乗れなかった悔しさは一旦忘れる。「Steemit」でアルトコインを稼ぐことから再出発です

 

現時点では、FAQや他の人の記事を読んで勉強してはいるものの… 仕組みがやや複雑で、私自身、分かっていないことが大半です。

今後勉強を兼ねて、「Steemit」に関することを、少しずつこのブログで発信していきたいと思っています。

 

Steemitに存在する3つの通貨

さて、「STEEMを稼ぐ」とは言いましたが、厳密には記事の投稿や投票によって得られる通貨は「STEEM」ではありません。

「Steemit」内には3つの通貨(STEEM、STEEM Power、STEEM Dollar)が存在し、それぞれ違う役割を担っているのです。

 

STEEMとは?

STEEMは、外部の取引所でも売買されている。

毎日0.19%の割合で増えていき、1年で約10割増加する。ビットコインとも直接取引可能で、流動性は高いが、高インフレ通貨のため長期保有しておくには向かない。

 

STEEM Powerとは?

STEEM Power(略称SP)は、利息がつく通貨(=定期預金状態のSTEEM)。SPの保有量がが多いほど、多くの利息を得ることができ、他人の投稿にupvote(投票)する際の、一票の影響力が大きくなる。

ただしSPは流動性が低く、そのままでは他人に送金したり、売買したりすることができない。「パワーダウン」という手続きによりSTEEMに交換する必要があるが、1週間当たり1/104ずつしか交換できない。

 

STEEM Dollarとは?

STEEM Dollar(略称SBD)は、その価格がドルに固定されるよう設計された通貨。基本的には、1Steem Dollar=1米ドル相当となる(ただし完全には固定されない)。

SDはSTEEMに交換することができるが、申請から3.5日かかる。

 

 

投稿や投票によって貰える通貨は、「SP50%、SBD50%」「SP100%」と割合が決められています。

デフォルトでは「SP50%、SBD50%」になっていますが、私は今回投稿する際に、手動で「SP100%」に変えていました。

 

まだSteemitでコレをやっていこう!というアイデアもないし、どうせそんなにすぐは稼げないだろう…。

 

ビットコインに替えるにしても、そのタイミングは高騰しているじゃない。だったら、流動性など気にしなくていい

 

報酬は少しずつしかもらえないだろうから(弱気)、それなら「SP」で少しでも多く利息がついた方がいいや、と思っていたのです。

 

「Steemit」で何を書く?方向性が定まらないまま、とりあえず投稿してみた

日本人ユーザーの少ない「Steemit」に、何を投稿したらいいのか?

普段、FacebookやTwitterでもほとんど発信しない私は、SNS慣れしていないこともあってかなり悩みました。

 

私がメインで育てていきたいのは、このブログです。

同じようなことを「Steemit」にも書くくらいなら、この「ぐるぐるデイズ」に新たな記事を投下した方がいいし。

第一、日本語でこのブログのように長々と書いたところで、読んでもらえる可能性は限りなく低いし…。

 

結局、「steemit」に何を書いたらいいのか、イマイチ方向性が定まりませんでした(今でも定まっていません)。

 

それでも「やってみないことには報酬は得られない」と思い、とりあえず実験的に、身近なことからアップしてみることにしたのです。

 

どうということのない日記に、$20の価値がついてビックリ!

スポンサーリンク

そんなわけで先週から、日に1~2記事の投稿を続けてきました。

 

文字は少なめ、写真がメインの簡単な日記です。

その写真も、特にいいカメラで撮ったものではなく、家に転がっていたiPhoneを使って撮影したもの。

英訳も載せようかと思いましたが、翻訳に自信がなかったため、日本語のみです。

 

本当に、なんの変哲もないただの日記…。

たまにupvote(投票)してくれる人がいて、日に数円~百円程度の収益(見積価格)にはなりましたが、その程度。

 

(それでも、facebookに日記を書いて「いいね!」を貰ったところで1円にもならないのですから、数円でも報酬が発生するというのは画期的ですよね)

 

そんな日が1週間ほど続いた、昨夜のこと。

 

突然ある記事が30人以上からupvote(投票)され、その結果、見積報酬が20ドルを超えていたのです!

驚きました。

 

「Steemit」では、投稿した人だけではなく、キュレーター(upvoteした人)にも報酬が入るしくみになっています。

そのため、実際には現時点で見積価格として表示されている金額が全て、自分のものになるわけではありません。

また、実際の支払は記事投稿から1週間後となるため、その間に額が変動することもあります。

 

だから$20というのは、あくまでも現時点での見積価格に過ぎないわけなのですが… それでも、ビックリしてしまいました。

 

この日にあげた1記事だけで、2,200円を超えることになります。

こんなこともあるのか…。

SNSならではの、ミラクルかもしれません。

 

upvoteされたのは、本当に何ということのない日記でした。

他愛ない日常のエピソード(日本語)に、写真を2枚ほど添えてアップしただけです。

 

朝出かける前に投稿して、夜寝る前に確認したら、

た… たくさんupvoteされてる…!! 

という感じです。

 

稼いでいるスティーミアンと比べたら微々たる額なのですが、自分としては驚愕。

なぜ、こんなにupvoteされたのか、全く以て分かりません。

自分でこんなことを言うのもなんですが… その記事に$20の価値があるとはとても思えません。多分ないです、本当に。

写真が良かったのか、日本語の投稿が少なくて私の記事が目立ったのか… いや、本当に全く分かりません。

 

upvoteされた要因が不明なので、今の私に言えるのは、「こういうこともある」ということだけです。

そして「Steemit」の方にも、もっと価値のある(と自分でも思える)内容を投稿していこうと思いました。

$20は何かの弾みであって、今後も続くとは思えませんから。

 

と同時に、やっぱり報酬の払い出しはデフォルトの「SP50%、SBD50%」とし、流動性は残しておこう!と思いました。

今度いつ、ビットコインの買い時が訪れるか分かりませんからね…。

 

注意!「Steemit」に投稿した内容は、削除できない

「Steemit」はそのしくみがやや難しく、私も目下勉強中です。

今後、このブログでも少しずつ「Steemit」の使い方について書いていこうと思っています。

 

ちなみに、これからSteemitを始めようと考えている方が、もしいたら。

ぜひ始めて欲しいのですが、ひとつだけ、あらかじめ知っておくべきことがあります。

 

それは、一度アップした記事は完全には削除できないということです。

 

削除履歴は、Steemのブロックチェーン上に残ります。FAQにも、変更履歴は全てブロックチェーン上に残ることが明記されています。

誤字脱字程度なら大きな問題にもなりませんが、もし間違って個人情報をはじめ重要な情報をアップしてしまったりしたら…。

アップする内容には、従来のどのサイト・SNSよりも気を遣った方がいいと思います。

 

なおFAQを読むと、投稿した記事を見えなくしたい場合には「編集画面から全て投稿を削除した上で更新すればよい」とされています。

ただし私が確認した限りでは、最近の投稿については「編集」ボタンが現れるものの、数ヶ月前の過去記事に関しては、投稿者本人であっても、一切編集することができませんでした。

 

どうやら投稿から一定期間を過ぎると、編集できない仕様になっているようです。

 

【2017.05.16追記】

今朝、1週間前に書いた記事の報酬が支払われました。

支払の直前までは、記事の下部に「Edit」(編集)の表示があったのですが、報酬受け取り後はなくなりました。

ですから、編集が可能なのは投稿から1週間以内ということになりますね。それ以降は、いじれません。

 

投稿する内容には、充分注意を払いましょう!

 

【関連記事】報酬がもらえるSNS「Steemit」への登録方法、投稿にあたっての注意事項など

  関連記事

気がつけばビットコイン保有歴9ヶ月。日々、チマチマと増やしてます

スポンサーリンク 私はMt. Goxの破綻によって初めて「ビットコイン」の存在を …

夫の収入が不安定。それでも赤字を出さないために、私が改めた3つの考え方

スポンサーリンク 2016年1月の家計収支は、こんな感じでした。 収入:221, …

4年前の出産費用をやっと確定申告しました!自宅で書類作成&郵送でOKです

スポンサーリンク 目次1 医療費控除をしていなかった、4年前の出産費用2 税務署 …

高還元率クレジットカード「ECナビカードプラス」。徹底活用してお小遣いを得る方法

スポンサーリンク 目次1 還元率1.1%、「ECナビカードプラス」を発行してみた …

格安SIMの契約には、クレジットカードが必須。家族名義で契約するなら、MNP予約番号の発行前に名義変更を

スポンサーリンク 目次1 mineoへの乗り換えは、とっても簡単でした2  MN …