ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

水やりのベストタイミングを教えてくれる。植物用水分計「Sustee(サスティ―)」を試してみた

      2017/05/11

スポンサーリンク

ドラセナの葉が黄色くなってく…

2か月ほど前、ダイソーでドラセナを買いました。

先端が尖った葉を持つ植物は、玄関に置くと邪気を払ってくれるのだそうで。たれ蔵(夫)情報です。

我が家の玄関は全く日が入らないため、ある程度耐陰性があると言われるドラセナを買いました。

IKEAのホームページより。

ダイソーで買ったドラセナは、こんなふうに幹はありません。

まだ幼い株なのか、種類が違うのか、土から直接にょきっと葉が生えているような感じです。

育てていけば、こんな風に立派な木になるのかな?

 

ドラセナは本来「丈夫で育てやすい」観葉植物らしいのですが…

私の育て方が悪いのか、買ってしばらく経った頃から、葉が黄色く変色していくのです。

そ~っと引っ張ると、ほとんど力を加えなくても、根元からスポッと抜けてしまう。既に葉っぱごと、本体から切り離されているような感じでした。

こんな調子で一枚、また一枚と葉が抜け落ちていく。邪気を払ってくれると期待して買った観葉植物が、どんどん枯れていくなんて… もう悪い予感がしてなりません。

 

ちなみに、この「丈夫で育てやすい」という言葉… よく目にしますが、この肩書がついている植物で実際育てやすかったものはありません!

2月に買ったオリヅルランも、早々に枯れてしまいました(涙)

 

さて。ドラセナは耐陰性はあるとはいえ、本来は日光が好きな植物とのこと。

なので結局は玄関ではなく、居間の棚の上に置いていました。明るい場所なので、日光不足とは思えません。

直射日光は当たらないようにしているので、葉焼けとも思えないし…。

根詰まりということもないでしょう。買ったばかりの小さな株ですから。

 

…となると、考えられるのは「水やり」のタイミングを間違っているのかも?ということ。

 

ドラセナの水やりは、「土が乾くまで与えない」「土が乾いたらたっぷり与える」が基本だそうです。

私もその通りにしてきたつもりですが、正直、土が乾いているかどうかなんて、上から見ただけでは分からない。

表面は乾いているように見えても、土の中はまだ湿っていて、水やりのタイミングには早過ぎた… なんてことが、ないとも限りません。

 

実際、一般的にも植物を枯らしてしまう原因のほとんどが、水のあげすぎによる「根腐れ」だそうです。

水やりって、難しいのね…

 

水やりのタイミングを教えてくれる水分計Sustee(サスティ―)

で、色々調べていたところ、「サスティー」という植物用水分計の存在を知ったのです。

画像出典:サスティ―公式HP

鉢に指されている、ピンクの色鉛筆のようなものが「Sustee(サスティ―)」です。なんだかおシャレですね。

鉢に立てておくだけで、水やりのベストタイミングを色で教えてくれるアイテムです。あるようでなかった、世界で初めての家庭用水分計

水によって色が変化するシートを使っているので、電池は不要。交換時期の目安は1年ほどなので、それまでは鉢に刺しておくだけでOK、特別な手入れも必要ありません。

 

この商品の開発者は、株式会社キャビノチェの代表取締役社長・折原龍さん。パイロットとして4年半勤めた後、独立して水分計の開発を始めたそうです。

参考URL:【モノづくりのヒント】植物への水やり時期が分かる「サスティー」

スポンサーリンク

 

また、デザインを手掛けたのはプロダクトデザイナーの中林 鉄太郎さん。

「植物やインテリアに溶け込むようシンプルで見やすい形状にこだった」とのことで、サスティ―はグッドデザイン賞2015も受賞しているそうです。

 

なるほど、オシャレなわけですね!

 

今回1本入手したので、早速ドラセナの鉢で試してみました。

 

Sustee(サスティ―)の使い方

「使い方」というほど難しいことは何もありませんが、手順を書いておきますね。

 

Ωマークまで差し込む

サスティー周辺の土に水分が足りていないと、色が変化しません。

株元にしっかりと、Ωマークより深く差し込みます。

差し込むとき、ちょっとブチブチと根のキレる感触がありますが…。土の中に張った根を完全に避ける方法はないので、仕方ありません。

「ごめん、ちょっと我慢してね…」とつぶやきつつ、マークのあるところまで差し込みました。

 

鉢に水を与える

鉢全体に水をたっぷりと与えます。

窓の色ですが、当初私が想像していたようなスピードでは変わりません。鉢の受け皿が水でいっぱいになっても、サスティ―の表示は白いままです。

気の短い私は、もしや不良品?!… と思ったのですが、色が変わるまでに30分ほどかかるのが正常な状態です。

 

(ドラセナの場合、受け皿に水を溜めてはいけないのでここで捨てておきました)

 

10分ほどで色が変わり始める

10分ほど待っていると… 窓の表示の下の方から、徐々に色が変わってきました。

じわじわと、青色が広がっていきます。

 

待つこと30分。完全な水色に

30分ほど経つと、表示全体がきれいな水色に変わりました。

かなり明るい色ですね!

 

これがまた白色に戻った時が、「水のやりどき」ということですね。

これなら4歳の息子でも分かりそうです。

 

 

最近、IKEAで買ったベンジャミナも元気がなくて心配なのです。

買ったばかりの頃、ほとんど葉を落としてしまって禿坊主になったあと、復活してきたところで安心していたのですが…。

IKEAで買った観葉植物ベンジャミナ(ベンジャミン)…葉が落ちて、もうダメかと思ったけど

↑このピンチから3ヶ月後。ここ数日は葉っぱが全体的に下を向いてしまって、だらんとやる気がない感じ。

葉色も悪く、2~3枚落ちました。以前のように、「次から次へ」という感じではありませんが、心配です。

 

実はこのところ家庭内の心配事やトラブルが絶えなくて、私も気落ちしているんです。

そのせいで、家の中に悪い気が充満してしまって植物が枯れるのかも… とも、思ったり。

 

サスティ―は1本しかなったので、もっとも心配だったドラセナに使いました。水やりのタイミングが問題だったなら、これで解決するはずです。

 

どうか枯れないで…!

  関連記事

IKEAで買った観葉植物ベンジャミナ(ベンジャミン)…葉が落ちて、もうダメかと思ったけど

スポンサーリンク 目次1 突然、「部屋に緑が欲しい」と言い出した夫2 ベンジャミ …

ベランダ菜園はじめました!トマトって、意外に土が必要なんですね

スポンサーリンク 目次1 2017ゴールデンウィーク。ベランダでトマトの苗を植え …

ショック… プランターで育てていたトマトが尻腐れになってしまいました

スポンサーリンク GWにベランダで植え付けた、ミニトマトと凜々子の株。 順調に成 …

トマトとバジルは「コンパニオンプランツ」!さっそく寄せ植えに挑戦してみました

スポンサーリンク 目次1 トマトとバジルは「コンパニオンプランツ」2 一緒に植え …