ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

ビットコインを無料で始めるなら、ポイントサイトからの交換がおススメです

      2017/04/17

仮想通貨の代表、ビットコイン

ここ数日、また少し値上がりしていますね。私はちょうど一年ほど前からビットコインの購入を始めました。

この1年で暴騰、暴落を何度も繰り返しながら、それでも1BTC=30,000円弱(2015年9月)→ 66,000円前後(2016年10月)とビットコインの価格は倍以上となっています。

私の場合、現時点で投資総額に対して約16%増…。とはいえ、ここで円に戻してしまったらなんの意味もありません(お小遣い程度の利益にはなりますが)ので、今後もホールドしつつ、少しずつ買い足しをしていきたいと考えています。

この記事を読んでいる方は、少なからずビットコインに興味がある、でもまだよく分からないから極力リスクの小さい方法で始めたい、と思っていることと思います。

そこで今回は、ビットコインを無料で手に入れる方法をご紹介したいと思います。

 

ビットコインを無料で手に入れるには?

ビットコインを手に入れるには、取引所で円をBTCに変える(=つまり、買う)のが一般的で、かつ最も簡単な方法です。

でも、いきなり購入するのが不安だ…という方は、まずはポイントサイトからの交換で手に入れることをお勧めします。

 

まずはビットコイン取引所「bitFlyer」の口座を開設しよう

ポイントサイトから現金やウェブマネーに交換するのと同じように、交換先をビットコインに指定するだけです。交換先として、ビットコイン取引所bitFlyerのアカウントが必要になります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットコイン取引所」と聞くと、何となく心配になる方も多いかもしれません。

日本人であれば真っ先に「マウント・ゴックス」の事件を思い出すでしょうし、またつい先月も、中国の仮想通貨取引所「ビットフィネックス」がハッキングによって65億円を盗難されたと発表したばかり。ビットコインが常にハッカーに狙われていることは間違いなさそうです。

それゆえに、取引所のサイトが安全に管理されているかどうかは、ユーザーとしては非常に気になるところです。また「マウント・ゴックス」事件に関しては内部犯行であったとの見方も強く、会社としての健全性・信頼性にも充分に注意を払う必要があります。

…と、そんなこと言うまでもなく、誰でも怪しげな会社に大切な資産を預けたくはないと思いますが、どこが怪しくて、どこが怪しくないのか…それが分からないから、困るんですよね。

 

「bitFlyer」の安全性・信頼性は?

その点、ポイントサイトからの交換先として紹介した「bitFlyer」は、国内で唯一監査法人と契約している取引所です。

当社は、不正会計及び横領等の発生可能性を最大限排除し財務諸表に対する信頼性を高め るために新日本有限責任監査法人と会社法における監査契約を締結し、日本のビットコイ ン事業者として初めて会計監査人設置会社となりました。

第三者からの監査を受けながら、安全性・健全性を高めるために努力している企業だと考えて良いと思います。

 

また、bitFlyerに出資している企業も、大手ばかり。下記もbitFlyer公式HPからの引用です。

QUICK, 三菱UFJキャピタル、三井住友キャピタル、電通デジタル、リクルート、GMOなど

これらの大手企業が信頼し、投資している取引所である、ということからも、bitFlyerの信頼性の高さが伺えるのではないかと思います。

bitflyer

こうしたことは、単にbitFlyerの信頼性の高さを示すだけでなく、ビットコインに将来性があることを示唆します。

リクルートやGMOといった大手がビットコイン(或いは、ビットコインを取引するためのシステム)に注目している、ということは、将来的にはこれらの大手が自社のサービスに仮想通貨を導入する→日本でも仮想通貨が普及する…ということを意味するからです。

 

さて、話をbitFlyerに戻しますが…

ビットコインの取引所は、他にも幾つかあります。私が一番最初に口座を開設したのはbitFlyerだったのですが、その後より多くの利息が得られるということで、一時別の取引所に乗り換えたこともあります。

でも、上に書いたような理由からやはり一番安心・安全だと思えた取引所がこちらだったので、最近になって結局資金のほとんどをbitFlyerに戻しました。

利息も欲しいけれど…取引所の信頼性、サイトの安全性には代えられません!

下記のバナーから口座開設が可能です。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アカウント作成は無料、メールアドレスがあれば口座を開設できます。(またFacebook, Yahoo!ID, Googleと連携するとアカウント作成がカンタンです)

 

「bitFlyer」に対応したポイントサイトに登録する

さて、続いてポイントサイトの確認です。既にポイントサイトを利用している方は、自身の登録先が「bitFlyer」に対応しているかどうか、確認してみてください。

2016年9月現在、「bitFlyer」を通じてビットコインに交換できるのは、下記の8サイトです。

  1. ポイントインカム
  2. ちょびコイン
  3. ポイントタウン
  4. モッピー
  5. ポイントオン
  6. PointExchange
  7. ちょびリッチ
  8. Pex(※2016年10月現在、メンテナンス中につき交換不可)

利用しているサイトはありましたか?

あれば、後はそのサイトでポイントが交換可能額に貯まった時に、交換先としてbitFlyerを選択すれば良いだけです。その時の時価で、大抵はリアルタイムでbitFlyerの口座内に振り込まれます(交換時にbitFlyerのアカウントIDが必要です)。

ちなみに、私のお勧めは「ポイントオン」です。

ポイントの還元率はどのサイトも似たり寄ったりなのですが、「ポイントオン」に関しては、なぜか単価が高いものがチラホラ見受けられるからです。

例えば、動画サイト『U-NEXT』の無料会員登録で、「モッピー」なら500P(=500円)のところ、「ポイントオン」なら1400ポン(=700円)だったり(2016年10月時点)。

『TSUTAYA DISCAS』も、「モッピー」で1,000P(=1,000円)、「ポイントオン」では2,200ポン(=1,100円)と、これまた100円の違い…。ポイントサイトにおける100円、200円の違いというのは、かなり大きいと思います。

また、「ポイントオン」の場合、メールアドレスはGmailなどのフリーメールでも登録できるのが格安SIM利用者にとっては嬉しいポイントです。キャリアメールがないと本会員登録ができないサイトもありますので。

 

実際、私はこの1年で10,000円相当のビットコインをポイント交換によって手に入れましたが、その全てが「ポイントオン」からの交換です。1000ポン(=500円相当)から、時価での交換が可能です。

無事振り込まれたら、ポイントから交換したビットコインの価値が、日々どのように変動するかを見守ってみるといいと思います。

この時、自分のお金を投下して手にいれたビットコインだと、暴騰暴落にメンタルが耐えられないかもしれません。でも、元手がかかっていない(手間と時間はかかるものの)ポイントが原資であれば、いくらか冷静に見ていられるはずです

 

ビットコインは変動が激しいので、いきなり現金を投下するよりは、まずはポイントサイトからの交換で様子見しましょう!

 

以上、「ビットコインを無料で手に入れる方法」でした。

  関連記事

はじめまして

スポンサーリンク 初めまして、「ぐる子」といいます。 結婚5年目、夫(たれ蔵)、 …