ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

「やることがない」を理由に仕事をサボり続けてきた結果

      2016/05/15

スポンサーリンク

今月で、今の会社に勤めて一年が経ちました。

 

そんなに時間が経っただなんて信じられないくらい、私は今の仕事には慣れていないし、役に立っているような気もしない。…まともに仕事をしてこなかったので、当然かもしれませんが。

ざっくり評価するなら、ダメな一年でした。この一年の私の態度は、社会人としては褒められたものじゃなかったし、何のスキルも身につかなかったばかりか、失った能力すらあるんじゃないかと感じます。

 

このまま今の会社に、今の態度のまま居続けたら、私は間違いなく腐る。そうなるわけにはいきません。

 

だからまずは…どんなにつまらない仕事でも、真面目にやろう。

 

勤務中、ネット三昧だったこの1年

 

社会人になって10年以上。今更こんな初歩的な目標を自分に課すことになるとは思いませんでした。でも、今の私がいかに低レベルか、という、これが何よりの証拠だと思います。

この1年は、会社で仕事をしている時間より、ネットをしている時間の方が確実に長かった(本当です)。以前の会社だったら懲戒ものですが、幸か不幸か今の会社にはネットのアクセスを監視するようなシステムもなく、やりたい放題だったのです。

言い訳をするなら、本当に仕事がない。

ネット三昧でも回せる程度のレベル、量の仕事しか私にはないし、何度か仕事を分けてもらえるよう掛け合ってみたもののほぼ変化なし。それどころか「先輩社員の仕事を減らすと彼女のプライドを傷つけるからやめたほうがいい」と言われてしまい…既存の仕事を引き継ごうとするのは諦めました。

スポンサーリンク

自分で仕事を探そうにも、零細企業で癖の強い人が多く、一般的にはよしとされる「積極性」が評価されるとは限らないのも辛いところ。「気を利かせたつもりで色々やると地雷を踏む」「“事務のくせに余計なことして”って言われるよ」という同僚の言葉も、1年過ごしてある程度真実だということが分かりました。

 

サボり続けたことで地に落ちた自分自身への信頼

 

まあ、でも…それは言い訳で、私の方も仕事への「やる気」なんか最初からないに等しかったし、暇なのをいいことにサボり倒してきました。ネットにアクセスしてすることといったら、ポイントサイトで小銭を稼ぐか、NAVERまとめで記事を書くか…とにかく社会人失格としか言えない態度でした。

それでも、バレてるのかバレてないのか分からないけれど、それで怒られたこともなければ、直接的に業務に支障が出たこともありません。

だけど自分の心は確実にダメージを受ける。

私がこの一年で最も良くなかったと思うことは、こうした毎日の態度、その蓄積によって、私の自分自身に対する評価がすっかり下がってしまったこと。

暇だとか、やることがないとかは関係ない。自分がサボる理由にはならないのです。

周囲がどうでも関係なく、「私が」「会社を」騙してサボってる、それが事実です。そしてその事実は罪悪感を生むし、後ろめたい気持ちで8時間も会社にいると精神的に“くる”。

サボりが他人にバレようがバレまいが関係なく、自分がサボっていることは自分自身が一番よく知っているからです。

だからもうやめる。

やめたところで暇なのは変わらないだろうけど、雑用を全部やってそれでも暇なら、せめてその暇な時間を「業務に関わる勉強」に充てよう。仕事に関係するとしたら、簿記とか貿易事務とか、そんなところになると思う。その方がまだ会社のためになるだろうし、私も自己嫌悪に陥らずに済むだろう。

 

今日からそうします。

  関連記事

ワーキングマザーは「職場に迷惑をかける勇気」を持てばいいと思う

スポンサーリンク   1年ほど前に、こんな記事を書きました。 「ワーマ …

「記憶力がいい」というのは、果たして長所なのでしょうか?

スポンサーリンク 目次1 私は記憶力がいい2 「前向きだから昔のことは覚えていな …

復職後にどれだけやれるかは産休前の働き方にかかっている、という話

スポンサーリンク 目次1 復職後、職場に自分の居場所はあるのか?不安で仕方なかっ …

「体育会系の会社も悪くなかったのかもしれない」と最近になって思う

スポンサーリンク 目次1 体育会系の会社が嫌いで、ずっと辞めたいと思ってた2 サ …

モラハラ?指導?判断に迷ったら、厳しさの“目的”がどこにあるのかに注目してみてください

スポンサーリンク 目次1 「モラハラ」と「指導」の違いはどこにある?1.1 「モ …