ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

高還元率クレジットカード「ECナビカードプラス」。徹底活用してお小遣いを得る方法

      2017/03/31

スポンサーリンク

還元率1.1%、「ECナビカードプラス」を発行してみた

ここ5年ほど、「ドリプラカード」を愛用していたのですが、「ECナビカードプラス」に切り替えることにしました。

両方とも、ポイントサイトと連動しているクレジットカードで、利用金額に応じて各サイト内のポイントとして還元されます。

 

「ドリプラカード」は1%、「ECナビカードプラス」は1.1%の還元率で大差はないのですが…「ドリプラカード」はポイントサイト「DREAM PRIZE」内で頑張ってポイントを貯めるか、クレジットカードを使うか…くらいしか、ポイントの貯めようがありません。

「ECナビカードプラス」も同じようにポイントサイト「ECナビ」と連動しているクレカです。ただ、ポイントサイト以外にも提携しているサービスが多いので、ポイントが貯まりやすいんじゃないか?と思ったのが、切り替えのきっかけです。

 

ポイントサイトでは「あと少しというところで、交換可能額に届かない…」ということがよく起こりますが、提携サービスが多ければ、何かしらの手段でポイントを貯めれば交換可能額まで持っていくことができます。

交換までの道のりが短いこと。これは、とっても大事!この点でも、ECナビは優れているのではないかと踏んでいます。

 

 ECナビポイントを貯めるための下準備

「ECナビカードプラス」でポイントを貯める下準備として、まずは下記の通り環境を整えます。

 

①ポイントサイト「Pex(Point Excahge)」に登録する

「ECナビポイント」は直接キャッシュバックできません。一旦、Pexポイントに交換する必要がありますので、まずここを登録します。

 

②「ECナビ」に登録する

「ECナビポイント」を貯めていく親サイト。アンケート回答やメールクリック、アプリDL、ゲーム、ショッピング等、ポイントを貯める方法はいろいろあります。3000pts(300円)からPexポイントに交換可能です。

正直なところ、アンケートもゲームも数が多く、全部やってる時間はなさそうです。飽きるし。暇なとき、気が向いたときに、ちょこちょこやってみることにします。

 

③「ECナビカードプラス」を発行する

カードの利用金額に応じて、マイル・ポイントの還元があります。還元率1.1%と書きましたが、1%分がカードの「マイル」として毎月還元され、0.1%分が半年に1回、「ECナビポイント」として還元される、という仕組みのようです。最終的には「マイル」を「ECナビポイント」に交換するつもりなので、同じことですが。

キャンペーン期間中に発行すれば、発行するだけでポイントがつきます。

 

④「ECナビツールバー」をダウンロードする

このツールバーから検索することで、1日最大0.8円貯まります。小さいですが、これも「チリツモ」です。どうせ何かしら検索はするんだから、ダウンロードしておいて損はありません。

 

⑤「リサーチパネル」に登録する

アンケートサイトです。1件30pts(3円)ほどのアンケートがほとんどで、回答後のポイントは「ECナビポイント」として、「ECナビ」サイト内に付与されます。

 

⑥アプリ「レシトク」をダウンロードする(※サービス終了)

レシートと、そのレシートに記載のバーコードを撮影・登録することによってポイントが貯まるアプリです。登録後、ポイントの繁栄までに数日かかりますが、直接「ECナビ」サイト内で付与されます。買い物は日常のことなので、これもダウンロードしておいて損はないはず。

スポンサーリンク

※「レシトク」はサービスを終了しています。

 

ちなみに私は長年(10年くらい)のポイントサイト愛用者で、「1クリック0.1円」みたいな、ちまちました作業が苦痛ではないタイプ。

これまでの換金総額はどれくらいになるんだろう?計算していないので分かりませんが、キャッシュバックを受けたお金に助けられたことも何度かあり、すでにやめられない趣味?副業?になっています。(特に年収がガクンと下がってしまった去年からは、結構大切な収入源だったりします)

 

 日常の支払いを「ECナビカードプラス」に集約する

また公共料金や通信費、ネットショッピングはもちろん全てこのカードにまとめます。

これまでスーパーでの食材の買い出しはすべて現金払いだったのを、これを機にカード払いに切り替えることにしました。我が家の食費は月20,000~25,000円程度。1%還元と考えても、食費だけで月200~250円のキャッシュバックになります。と、単月で考えれば小銭ですが、一年で2,400円~3,000円。

これまで利用していた最寄りのスーパーはカード払いができないので、少し遠くはなるけれど、「ライフ」に変えました。割高なイメージがあったのですが、PB商品も豊富で、価格はこれまでとさほど変わらないような。

ライフのポイントカードもあるし、品数もこれまでよりずっと多いし。デメリットはレジが混んでること、くらいでしょうか。

 

(2016年11月追記:今年6月より、ライフでは子会社の発行するクレジットカード「LCカード」以外のカード決済では、ライフポイントが貯まらなくなりました…。もちろん、各カードのポイントやマイルは貯まりますが、二重取りができない、ということですね)

 

 ネックは1000円以上、1000円単位でしかポイントがつかないこと(←勘違いでした!)

ただひとつ、このカードの残念な点は、1000円以上、1000円ごとにしかポイントがつかないこと。100円ごとに10%還元されるカードが多い中、この点が、「ECナビカードプラス」の最大のネックかもしれません。

例えば一昨日もライフに買い物に行ったのですが、会計は1,900円。ポイントの対象になるのは、1,000円分のみです。つまり還元されるのは10円相当のポイントだけ。100円ごとに還元されるカードであれば、19円分が還元されるというのに…。

と、まあこれは極端に悪い例ですが、いつか100円ごとに還元されるカードにパワーアップしてくれたら嬉しいなと思っています。

 

この点を差し引いても、サービスの多さから総合的には以前よりずっと貯まりやすいカードじゃないかと予想しているので、ちょっと、頑張ってたくさん使ってみようと思います。

 

2016年11月追記

…と、思っていたのですが、どうやら勘違い又は調査不足だったようです。

NET station *APLUS(カードのWEBサイト)にも「1,000円以上のカードのご利用1件1,000円ごとに1ポイント付与。」と書かれていたので、そうなのだと信じ込んでいました。

でも、よくよく利用金額の明細とポイント付与明細を見比べて計算してみると、「毎月の利用金額の合計1,000円ごとに1ポイント(マイル)が付与」されています。買い物1件1件につき、ではなく、月の利用金額が合算されますので、端数の数百円もきちんと含まれます。

 

なんだ… 問題なくいいカードじゃないですか。

 

これで毎月どれくらいのお小遣いが手に入るのか…。またこのブログで報告したいと思いますので、興味のある人は覗きに来てください。

  関連記事

マルイで買い物しない人にも充分なメリット!「エポスカード」は持ってるだけで得するカード

“マルイのカード”とのイメージが強いエポスカード。普段マルイで買い物をしない人は …

「思考停止」の危険性を実感。『グーグル検索だけでお金持ちになる方法』(午堂 登紀雄)を読みました

スポンサーリンク 『グーグル検索だけでお金持ちになる方法』、紀伊國屋で見かけて、 …

「ECナビ」、半年で稼げた金額は約22,000円でした。振り返りと今後のポイントサイトとの付き合い方

スポンサーリンク   去年の7月に「ECナビカードプラス」に切り替えた …

国民健康保険か、任意継続か?保険料を比較検討した結果…

スポンサーリンク 目次1 退職すると、自分で支払いをしなければならないものが出て …

2016年の家計プラン。折半をやめ、妻の収入で生活費をまかない、夫の収入を貯蓄へ回します

スポンサーリンク 目次1 来年から、家計のルールを変更します2 夫の収入が安定せ …