ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

これ以上、この会社では働けない。私が退職を決めた理由

      2017/01/31

スポンサーリンク

仕事も人間関係も最悪。給料だけは、ちょっといい。そんな職場に来て2年

今の会社で派遣として働き始めた当初から、「この転職は失敗だった」と感じていました。仕事はやたら神経を使うだけで特に実りはないし、社内の人間関係も最悪。

 

それでも今月で丸2年と1ヶ月、そのまま勤めてきたのは、やはり「お金」を再重要視していた、せざるを得なかったからです。

 

「勤務時間と仕事内容からしたら、給料はいい方だ」

「強烈なモラハラ上司に遭い、3ヶ月で辞めてしまった前職よりはずっとマシ」

「給料は、我慢料。会社での仕事はお金のためと割り切ろう」

 

今の会社は嫌で嫌で仕方がない。それでもどうにか我慢が利いてしまったため、自分に言い聞かせつつここまで勤めてきました。ずっと、割り切って勤め続ける方向に自分を動機づけしてきたのです。

 

辞めたいけど辞められない。そんな時は「割り切る」ことも、ひとつのスキルだと思う

とか。

理不尽なことの多い零細企業で、スキルの要らない雑用ばかり。それでも私が「転職しない理由」

とかね。

 

今の会社に勤め続けるべき理由にばかり、目を向けようとしてきました。

だけど、そろそろごまかすのも限界です。

私はもう、今の環境からの脱出を真剣に考えなければいけない局面に来ています。このままここに居続けたら、貴重な時間を更に無駄にすることになるでしょう。

だから、自分自身に対してハッキリさせておきたいと思います。

今の会社にいてはいけない理由を。

 

自分の志向と合わない仕事を続ける時間が勿体ない

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

私の仕事は営業事務です。

営業担当の下につき、彼らのサポートをするのが主な業務。

自分の判断で進めるような仕事はほとんどなく、次々と飛んでくる単発の指示を正確に素早く処理するのが私のミッションです。

この職種自体には良いも悪いもありませんし、営業事務として入社した以上、その役割をこなさなくてはならないことは分かっています。

 

ただ、ミスマッチなのです。どうしても。

ただひたすら指示されたことをこなし続ける…という仕事に2年従事して分かったことは、私はサポート業務には向いていない、ということでした。

自分で考える、進める、組み立てる、まとめる。

私は以前までそうした仕事をしてきましたし、これからもそういう仕事をしたいのだということが、そうでない仕事を経験したことでハッキリしてしまったのです。

 

また、最初の会社での仕事の癖なのかもしれませんが、私はとにかく仕事の全貌が見えないと気持ち悪い。

その点、営業事務というのは直接顧客と話をするわけでもないし、基本的には事務所から出ることもないので現場を見ることもありません。

全体が見えない歯がゆさみたいなものからは、逃れられないのです。

前後の分からない、部分的な指示だけを拾って投げ返す… という状態に耐えられなくなってきてしまいました。

 

ただこのミスマッチについては、自分の責任です。前職を逃げるようにして辞めた後、「もう疲れた。指示通りやるだけの簡単な仕事がいい」と自ら進んで就いた仕事ですから…。

だから今の会社にいる間は、期待されている役割をこなすしかないと思っています。

でも自分の志向とは明らかに合わない仕事を続けるのは、時間の無駄です。それこそ単に自分の時間を切り売りし、お金に代えるだけになってしまう。

その先には、何も有りません。

だから、この仕事を続けてはいけない。そう思っています。

 

仮に合わない仕事にやりがいや価値を見出していくことを選ぶとして、それには相当なモチベーションが必要です。

しかしやる気を出すのがどうしても難しいという、会社の体質的な問題が立ちはだかります。

スポンサーリンク

 

「同族会社」という環境では、モチベーションを保てない

私が勤める会社は、社員十数名の零細同族会社です。同族会社というのは、本当にどうしようもないところです。

とにかく身内に甘い。その一言に尽きる。

身内がどんなにダメな奴でも、身内だというだけで甘やかれ、優遇され、実力の伴わない役職が与えられる。

そして大抵、その「身内」というのはどうしようもない連中なのです。

他社で続かず、自力で就職もできない、だから親が子どもの将来を案じて自分の会社に招き入れる…というパターンなので、普通の人たちではありません。

基本的に、会社勤めはできない性格または能力の人間の集まり、それが「同族会社」なのです。

身内でない人達の中には、身内である<彼ら>の待遇をうらやむ人もいますが、私がより強く感じるのは羨望よりむしろ上に対する失望感ですね。

通常の社会人としては問題があるレベルのわが子を自分の会社に招き入れ、役付にし、待遇をよくしてしまう。「まもとな判断ができない経営者」だと思うと、心底ガッカリしてしまいます。

彼らの手中にある会社が、今後良い方向へ向かうとは到底思えません。

 

このような状況ですから、「身内」以外の社員のモチベーションは地に落ちています。

何をどう頑張っても無駄。どんなに仕事をしようと、「身内愛」には敵わない… 身内でない社員の誰もが、そのことを痛感しています。

私もこの2年、考え方を変えようとしてみたり、今の会社の恵まれている部分だけに敢えて目を向けようとしてみたり、あの手この手でモチベーションを保とうと頑張ってみましたが、やっぱり無理でした。

 

今の環境では、前向きな努力をすることはできない。

自分が前向きになれないと分かっている環境に、ズルズルといてはいけないのです。

 

横柄な人間にアゴで使われるだけの日々に耐えられない

kibishii

結局私にとって、これが一番大きな理由かも知れません。

この2年、他人に対して非常に横柄な態度をとる営業の下で働いてきました。

 

一応補足しておくと、彼は誰に対しても態度が悪く、特に私だけがイジメられている、というわけではありません。

ただ直接彼の業務を担当する私とは接する回数も多いため、必然的に彼の横暴な発言や他人を見下した態度、日々の苛立ち(つまりは、八つ当たり)を引き受けるのが必然的に私の役割になってしまったのです。

そして、この営業というのが社長の親族(=身内側の人間)ですから、もうどうしようもありません。

会社には出てこない、経費は使い放題、本来営業がやるべき仕事も事務員に「聞いといて」「言っといて」「やっといて」…丸投げされるにはあまりにも情報が少ないので、確認したらしたで怒られる…と。

それでも、誰も注意すらしません。

 

社員のモチベーションを下げている最も大きな要因は、彼の存在でしょう。少なくとも私にとっては、そうです。

 

先に書いたように、営業事務という職種、仕事内容そのものは「自分の志向とは違う仕事」です。

ただ、私にも他人の役に立ちたいという気持ちはありますから、相手がここまで横柄な男でなかったら、営業担当の役に立つことをモチベーションに仕事を続けることもできたでしょう。

現に、彼以外の営業担当(親族ではない人々)の仕事であれば、同じ“指示をこなすだけ”の仕事であっても、快く引き受けることができていますから…。

でも、だめですね。自分に対して否定的な態度を取り続ける人間の下では、無駄に心をすり潰すだけ。更にこちらも相手のことを1ミリたりとも尊敬できないとなれば、そんな相手にアゴで使われる毎日は自分にとって悪影響しかもたらしません。

 

 

だから、結論:会社を辞めます。

 

30代半ばだろうが、経済的に再び不安定になる可能性があろうが。「お金」のためだけに不健全な会社にしがみつくのはもう終わりにします。

あとは、いつ辞めるか。どう辞めるか。辞めた後にどうするか、計画を立てていかなければ。

  関連記事

「体育会系の会社も悪くなかったのかもしれない」と最近になって思う

スポンサーリンク 目次1 体育会系の会社が嫌いで、ずっと辞めたいと思ってた2 サ …

私が「事務ミス」をゼロにするためにやっていること

スポンサーリンク 目次1 何としても避けたい「事務ミス」2 ミスが起こる原因はど …

「仕事のミスマッチ」は見方を変えれば乗り越えられるが、絶望的な人間関係だけはどうしようもない

スポンサーリンク 目次1 来週には、会社に辞意を伝えよう2 「仕事内容のミスマッ …

いつ辞めるか、そして、辞めることをいつ伝えるか

スポンサーリンク   会社を辞める気持ちは自分の中では固まったものの、 …

「病弱」「生い立ちが不幸」「海外に友達が多い」…虚言癖がある人の特徴

スポンサーリンク 目次1 虚言癖があった会社の先輩2 虚言癖のある人の特徴2.1 …