ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

子ども目線の優しさ溢れる遊園地、「あらかわ遊園」。口コミ評価の高さにも納得でした

   

スポンサーリンク

荒川区西尾久にある、「あらかわ遊園」に行ってきました。

2016-05-07 11.39.49

ネットで調べてみると、やけに評価がいい。

不思議です。写真なんかを見てみても、特別目を惹く感じでもありません。それどころか、かなり昭和の香りが漂う、悪く言えば「古臭い」感じがして仕方がなかったのですが…

でも、このゴールデンウィークに3歳の息子と一緒に訪れてみて、あらかわ遊園の”良さ”、よーく分かりました!口コミ評価の高さも納得です。

私が感じた、「良かった点」を書いてみたいと思います。

 

①幼児目線の乗り物がいっぱい

2016-05-07 13.16.09

あらかわ遊園には、昔ながらの乗り物が多いんです。メリーゴーランドとか、コーヒーカップとか。それが、3歳の息子にはよかったみたいです。

何を隠そう、我が息子はかなりのビビリ。巨大なものや、暗いところ、大きな音…など、全部ダメなのです。先週は東京ドームシティの「ザ・ダイブ」(シューティングアトラクション)で大泣きしていました。

あの調子では当分、ディズニーランドは無理でしょう…。

ただ確かに、大人にとってはドキドキできて楽しいレベルでも、3歳児にとっては生命の危険を感じるくらいの恐怖なのかもしれません。そんな緊張感を抱えながら、楽しめるはずないですよね。

2016-05-07 13.17.35

その点、あらかわ遊園には「揺れるだけ」「回るだけ」みたいなこぢんまりとして分かりやすい乗り物が多く、その「安心できる感じ」が3歳のタロウにとってはちょうどよかったのでしょう。

実際、1~3歳くらいの幼児が多かったように思います。その小さい子どもに合わせて作られた遊具なので、付き添いで大人が乗ると、ちょっと滑稽だったりもしますけど…。

でも、その徹底した「子ども目線」こそが、あらかわ遊園の良さだと思いました。

 

②アトラクションのバランスがいい

小規模な遊園地なのにもかかわらず、飽きずに楽しめたのは、アトラクションのバランスが良いからだと思います。

いわゆる遊園地である「のりもの広場」を中心に、小さな動物園である「どうぶつ広場」、幼児向けの公園「ちびっこ広場」、釣り堀「魚つり広場」…など、あらかわ遊園内にはさまざまな要素が詰まっています。

2016-05-07 11.13.00

 

●のりもの広場

乗り物も、ざっくり分類すると大型・中型・小型に分けられ、ちょっと気合を入れて楽しむものからゆる~く遊べるものまで、バラエティに富んでいたことも良かった点のひとつです。
 
 
大型だと「ファミリーコースター」「スカイサイクル」「観覧車」「豆汽車」など。この辺は多少待ち時間がありますが、スピード、高さ、移動範囲などが大きく、遊びごたえがある乗り物です。いかにも遊園地、といった感じ。

2016-05-07 13.58.40

写真を撮りそびれてしまいましたが、もちろん名物「ファミリーコースター」には真っ先に乗りました。”日本一遅いジェットコースター”として有名だそうですね。

とはいえそれなりにスピードは出ますし、カーブ時には「ガ、ガ、ガ、ガッ!」という、如何にもジェットコースターらしい振動はあるので、ちょっとしたスリルは味わえますよ。

 

中型の「コーヒーカップ」「メリーゴーランド」「バッテリーカー」などは、ほぼ待ち時間なしで乗れました。ちなみに行ったのは5月7日(土)。ゴールデンウィークの終わり際でしたが、すんなり乗れちゃいました。

小さい子どもと行くと特に感じるのですが、待ち時間がない(少ない)というのは、素晴らしいことです!

2016-05-07 11.38.49

 

そして。小型の乗り物として「のりもの広場」の至るところに設置されているのが、こういうやつ…。

スポンサーリンク

2016-05-07 13.34.43

ショッピングモールなんかのゲームコーナーに置かれている、100円で動く乗り物です。音が出て揺れるだけ、みたいな…。アンパンマンとか、トーマスとか、色々ありましたよ。

大人にとっては「こんなもん!」「お金の無駄じゃん!」なんですが…幼児にとってはそれはそれは魅力的な乗り物なのでしょう。だからこそ、昔から特に進化もしないあの形態のまま、現代でも残っているのかもしれない…と、この日は何だか真剣に考えてしまいました(笑)

タロウも例に漏れずこれ系の乗り物が大好きで、ショッピングモールなどでは「乗りたい」とタダをこねます。普段であれば、腕を引きずって無理やりスルーなんですが、この日ばかりは(たれ蔵が)大量の100円玉を費やし、乗せてあげました。

 

●どうぶつ広場

「どうぶつ広場」には牛やヒツジ、サル、ヤギ、ポニーなんかもいます。

2016-05-07 13.40.54

牛はお昼寝中でした。

クジャクもいたんですが、彼、柵を越えて外を悠々と散歩してましたね。飼育係の方も「また出てる~」と笑ってました。そのゆるい感じが何とも…

2016-05-07 13.47.20

 

●しばふ広場

遊具から少し離れたところに芝生のスペースがあります。私たちはそこでレジャーシートを敷いてお弁当を食べました。

2016-05-07 12.36.05

ちなみにこの芝生は「テント禁止」なのですが、私としてはそこがまた気に入りました。

最近、どこへ行っても陣取っている簡易テント(サンシェードというらしい)…あれがないことで、子どもが思いっきり走り回れるスペースがあります。

2016-05-07 12.35.47

さすがあらかわ遊園、分かってるなー。

 

今回は行かなかったエリアもありますが、全て回れば1日遊べるかもしれません。

乗り物系、動物系、自然系。それら複数の要素が広すぎない範囲で集まっている、という点がとても素敵だと思いました(広すぎるとそれだけで疲れちゃいますからね…)

 

③3,000円で充分遊べる!とにかく安い

2016-05-07 13.15.33

午前11時ころ入園して、退出したのが3時ころ。4時間たっぷりと遊びましたが、ホント安いなあと感じましたね。

大人2人+未就学児で、合計で3,000円ほどで遊べました。

  • セット券:1,300円(夫、息子の入場料+のりもの券16枚つづり)
  • 入園料:200円(私)
  • のりもの券:1,000円(12枚つづり)

入園料と乗り物券で2,500円。あとは100円の乗り物にいくつか乗ったので、遊び自体にかかったお金は3,000円程度でしたが、この金額で一通り乗り物に乗れていまいました!

その他、売店でナゲット、メンチカツを買ったり、自販機のセブンティーンアイスを食べたりしましたが、そんなもんです。

施設自体への満足度が高かったのに加えて、都内の遊び場としては破格の安さ。なぜもっと早く行っておかなかったんだろう…と、ちょっと悔しく思うほどでした(笑)

あらかわ遊園は、小さな子どもと一緒に安心して遊べる貴重な場所です。休日にもかかわらず空いていて、待ち時間もほとんどなかった点も魅力だったので、あまり混雑して欲しくはないですが…

2016-05-07 14.37.39
でもホント、お勧めの場所ですよ!

  関連記事

息子のオムツが外れたのは、4歳になってからでした

スポンサーリンク 目次1 息子4歳。ようやくオムツが外れました1.1 3歳の誕生 …

もうすぐ3歳になる息子…ウンチを我慢する癖がついてしまい、困っています

スポンサーリンク 目次1 もうすぐ3歳になる息子。トイレトレーニングの進捗がイマ …

暑い夏。子連れのお出かけなら、ラウンドワンのSPO-CHA(スポッチャ)がおすすめ!

スポンサーリンク 目次1 夏のお出かけ。行き先に悩んだら、ラウンドワンの「スポッ …

2歳の息子と「きかんしゃトーマスとなかまたち展」(東京都現代美術館)に行ってきた…けど

スポンサーリンク 目次0.0.1 「きかんしゃトーマスとなかまたち展」に行ってき …

「男の子は産みたくない」と、男児の親に向かって言う人の心理が分からない

スポンサーリンク 目次1 「男の子は欲しくない」?思うのは勝手だけど2 「男の子 …