ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

10年以上、何をしても治らなかったしつこい手湿疹が、まさかの「軍手」で良くなろうとしています

      2017/04/24

スポンサーリンク

もうずいぶん長いこと、私は手荒れ(手湿疹)に悩まされてきました。

IMAG1165

ほぼ慢性的に、こんな感じです。もっと酷くなると、赤みが全体的に広がり、熱を持つようになります。もう、その痒さといったら…

 

社会人1年目の年には既に、ひび割れた指でダスターを絞るのが辛かった(サービス業でしたので)記憶があります。

ということは、社会人になった年から今日まで…と考えると、もう10年以上、私は手荒れに悩まされていることになります。

 

病院での診断は「手荒れ」「手湿疹」「主婦湿疹」

10年の間に、何度か皮膚科を受診しました。診断はいつも同じで、「手荒れ」「手湿疹」「主婦湿疹」…。

直近で受診した皮膚科では、手や指以外に、ひじの内側やおでこなども診てもらったところ、「アトピーっぽいような気がしないでもないけど、典型的ってわけでもない」と言われました。ここでの診断も「手湿疹」でした。

 

原因は「手を使うから」だそうです。

「手を使わなければ治る」だの、「主婦を辞めれば治る」だの、冗談半分で何のアドバイスにもならないようなことを言われ、イラッとしたことも…

 

「手を使わなければ治る」というのは、つまり「治らない」と言われたも同然でした。「手を使わない」なんて、無理なんだから。

 

ある皮膚科ではハッキリと、「完全には治らないから、うまく付き合っていくしかないんですよ」と言われました。

 

部位が「手」だけに、薬を塗って治すことが難しい

 

どこの病院でも、ステロイド系の軟膏と、併せて保湿剤が処方されるのがお決まりのパターンです。

 

毎回、「保湿剤はハンドクリーム代わりにどんどん塗って!軟膏は一日2~3回ね」と言われます。でも、部位が「手」だけに、医師の言う通りにするのは、とても難しいのです。

 

一日のうち、手を使わない時間なんかありません。

洗濯物を干したり畳んだり、食事の準備をしたり、タロウ(息子)と遊んだり… 薬を塗った手では、できないことばかりです。

 

会社でも同じです。軟膏でベタベタな手でお茶出しをしたり、PCや電話や書類を触るわけにはいきません。仮に塗ったとしても、何か触るたびにすぐにとれてしまい、塗る意味がありません。

 

手が荒れていると全てが億劫に。とにかく不便でしかたない

仕事でも家事でも、遊びでも。ほとんど何をするにも、手を使います。その手が常に皮が剥けて痒い・痛い、という状態では…何をするのも億劫になります。

何をするにも、パッと取りかかれないのです。

 

あれに触ったら、痛そうだな…とか。傷口にしみそうだな…とか。痛みを想像して、何となく作業に取り掛かるのを躊躇してしまうのです。

お風呂で髪をシャンプーするのも、考えるだけでも苦痛ですね。洗顔を泡立てるのですら、勇気が要ります。

 

でも結局、仕事や家事や、どれもこれも生活に必要なことばかりですから、やるしかありません。

 

軟膏などを塗っていれば尚更、「せっかく塗った薬がとれてしまうし…」と思うと、物に触れるのがイヤになります。

 

何をするにも「痛み」を伴うため、テキパキと行動できず、そのことが不便でしかたがありませんでした。

 

指サック、ポリ手袋、おやすみ手袋…全部うまくいかなくて

薬を塗った手や指を保護するために、色々試してみました。

さすがに会社での仕事中は難しいのですが、せめて家にいる間だけでも、薬を塗った手を保護した状態で、家事ができたら助かるな、と思ったのです。

 

また、寝ている間に気づかず指を?いてしまい、翌朝には血が滲んでいる…ということもあったので、なんとかそれを防ぎたいというのもありました。

 

でも、なかなかしっくりくるアイテムには出逢えませんでした。

 

指サック(布製)

ドラッグストアや100均で売っている、布製の指サックで指を保護してみました。が、サイズが合わず指の付け根が締め付けられて痛くなってしまうのと、その割に家事の途中に、スポスポとれてしまい、不便でした。

一本一本の指に被せるのが手間だし、小さいので失くなりやすい。

また、布が塗布した薬を吸収してしまい、指サックを取ってみると、肝心の指はカッサカサ…という有様でした。

 

指サック(ゴム製)

布では薬や保湿剤が吸収されてしまうので、ゴム製の指サックを試してみたこともあります。

が、ゴム製だと汗をかきやすく、そのせいで痒みが酷くなってしまうのでダメ。

また布製の指サック以上に指が締めつけられ、外してみると指が紫色に変色していることもありました…(汗

スポンサーリンク

 

ポリ手袋

次に試してみたのがポリ手袋でした。ネットで検索していたところ、「ワセリンを塗ってポリ手袋をして寝るだけで治った」という口コミにたどり着いたからです。

このトピ自体、前向きな雰囲気で満ちていて、惹かれるものがありました。それで早速試してみたのですが…残念ながら、私の場合はダメでした。

ゴム製の指サック同様、汗で痒くなってしまい、治るどころではありませんでした。寝ている間にポリ手袋をひっぺがし、バリバリと?きむしってまい、翌朝には悪化していたのです。

 

おやすみ手袋

無印良品などでも売っている、「おやすみ手袋」。肌触りがよく、通気性もよさそうだったので、試してみました。

が、これもイマイチ。

ポリ手袋のように汗だくになることはありませんが、布製の指サック同様、薬成分が吸収されてしまう感じがあったのです。

指サックのような締めつけはないのですが、その分手袋と手の間とで摩擦が起こり易く、あまり保護されている感がありませんでした。

 

そして最近、偶然たどり着いた「軍手」で調子いい

4bfd763a7ce422e300b51878d9683881_s

こんな調子で何をしてもダメで、一向によくなる気配のない「手荒れ」を抱え、気持ち的にはもうほとんど諦めていました。

 

皮膚科を受診してもいつも言われることは同じだし、薬を塗ってもすぐとれてしまうし、うまく保護する手段も見つからないし…「手湿疹を治そう」という気持ちは、なくなりかけていました。

 

それでも、家事はやらなくてはなりませんから、「何とかして痛くないように手を保護したい」という気持ちから使ってみたのが、「軍手」でした。普通の、作業用の軍手です。

 

水仕事をはじめ家事はどれもこれも「手湿疹」にとっては大敵ですが、特に痛みを伴っていた家事が「洗濯物を畳む」でした。

 

タオルや衣類など、乾いた布によって手の水分が奪い取られるだけでなく、カサカサの手に繊維が引っかかったり、摩擦によって指の皮が擦り剥けてしまったり…もちろん、薬を塗った手で畳むわけにはいきませんから、痛みを我慢してやるしかなかったのです。

 

そこでふと思い立って、引き出しにあった「軍手」をはめて洗濯物をたたんでみたところ…何だかとっても、ラクだったのです

軍手は手にフィットするので、手の皮膚との間での摩擦が起こりにくく、それで痛みがないような気がしました。厚みがあるので、そのせいかもしれません。

 

夜はそのまま、薬と保湿剤を塗った手に軍手をはめて寝てみました。意外と通気性もいいので手に汗をかくこともなく、痒みに襲われることはありませんでした。寝ている間に、とってしまうこともありませんでした。

さらに朝起きて、軍手を外してみると…薬成分は軍手ではなく、私の皮膚側に残っている感じです。しっとりしているのです!

 

私の勝手な感覚ですが、布製の指サックや「おやすみ手袋」などと比べて、軍手は目が粗いので皮膚に張りつかないのかもしれません。

 

何だか、よく分かりません。

 

分かりませんが、家事の間と睡眠時に軍手をはめるようにしてから、手湿疹がよくなってきていることは確かです。

IMAG1200

何をしても良くならなかった手湿疹が、まさかの「軍手」で治ろうとしている…?

これ、もし完全に治せたら、すごい発見なんじゃないでしょうか。

 

2016年11月追記:約半年後… ほぼ完治しました。

酷かった手湿疹が突然良くなった。原因は”ストレス”だったのかもしれない

 

  関連記事

「座り姿勢」を整えれば代謝UP!特別なダイエットではなく痩せる習慣を身につけよう

スポンサーリンク 目次1 もう、無意味なダイエットを繰り返すのはイヤだ2 痩せる …

11月初旬。ちょっと早いけどクリスマスツリーを出してみました。

スポンサーリンク 目次1 まだ早いかな?とは思いつつ…クリスマスツリーを飾ってみ …

ブログ記事に目次なんか要らないって思ってたけど、やっぱりつけた方が良い

スポンサーリンク ブログ記事の「目次」。みなさんは設置していますか? &nbsp …

毎日清潔に使いたい。水洗いOKな基礎体温計4選

最近、基礎体温計を買いました。 20代の頃、一度だけつけてみたことがあるのですが …

アドセンス「関連コンテンツ」は使うべき!単価は低いがそれをカバーできる高クリック率

スポンサーリンク   Google Adsenseには、「関連コンテン …