ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

「今の会社が嫌い。辞めたい」と思いながらも、そんな会社に見合った人間になりつつあることに気づいた

      2017/04/24

スポンサーリンク

会社へ行くのがしんどくてしかたがありません。

仕事そのものが、というより、社風や会社の人間関係が自分に合わないと感じ、それがしんどい。

零細企業で人数が少ないのに、社員同士の仲が悪くて息が詰まりそう。

一緒に働く事務の女性も愚痴ばかり。休憩時間も、前向きな話題なんかひとつもありません。

年齢層も高めで、そのせいか社内の話題も「昔話」が多い。頭が刺激されるような、新しい情報は入ってきません。

私自身はといえば、高圧的かつ感情的なボスにおびえる日々…

ああ…やだやだ。その内、絶対に辞めてやるんだ。

 

そう思っていました。

でも、ふと気づいてしまったのです。

いやだいやだと言いながらも、気がつけば私も立派に「あの会社の一員」になりつつある、ということに。

 

今、転職してやっていけるか?そう自問したとき、自信がなかった

先日、社内で怒鳴られて嫌な思いをしたあと、強く「転職」を意識したことがきっかけでした。

 

これ以上、こんな会社で息苦しい思いをするのはゴメンだ。

もう充分、いやな思いはした。そろそろ環境を変えてもいい頃じゃないだろうか?

3歳児がいるから、転職活動は簡単にはいかないかもしれない。でも、興味のある仕事ができるなら、「正社員」にこだわらなくてもいい!

もう一度、派遣会社に登録して、相談してみよう。

できることなら、次はある程度大きな会社に勤めたい。

今のように、社長の天下!みたいな環境じゃなくて、規律があって、まともに仕事ができるようなところ…

 

と、そこまで考えて、思ったのです。

もし環境を変えたとして、私はまともに仕事をできるのだろうか?

そもそも今のような状態で、新しい環境に入っていくことができるのだろうか?

…自信がありませんでした。

 

仕事面でも対人面でも…さらに外見的にも悪いほうへ変化した

今の会社の淀んだ空気を吸い続けて1年半。私は、確実に、悪いほうへと変わりました。

 

仕事に関していえば、

  • 「自発性がなくなった」
  • 「仕事に対する責任感がなくなった」
  • 「仕事に対する興味を失った」
  • 「考えなくなった」

対人面でも、

スポンサーリンク
  • 「自分を前面に出せなくなった」
  • 「冗談を言えなくなった」
  • 「本心を話さなくなった」
  • 「疑い深くなった」

外見的にも、

  • 「5キロ近く太った」
  • 「服や化粧品を買わなくなった」
  • 「全身にアトピーのような症状が出始めた」
  • 「白髪が出ていても平気で出社するようになった」

この変化を全て「会社のせい」だというつもりはありませんが…

ある程度は、環境の影響もあるでしょう。あとは、あの空間(=会社)が放つ負のオーラに流されるまま、何もしなかった自分のせいです。

自分を奮い立たせるために、敢えていやな言い方をするなら、

 

今の私は、雰囲気の悪い同族会社にピッタリの「事務のオバサン」だ。

 

今の会社に相応しく、他ではとてもやっていけないレベル。

 

いやだいやだと思いながらも、気づかないうちにその場に相応しい人間になっていたんだ、ということに気づきました。

このまま同じように毎日を過ごしていたら、数年後には、なんのスキルもなくどこへも行けない、正真正銘ただのオバサンになってしまうかもしれない。

環境を変える気力さえ失くして、今の会社で定年まで勤めるしかない(その時まで、今の会社が存続していれば)…なんてことにもなりかねない。

これ以上、恐ろしいことはありません。

 

すぐには環境を変えられなくても、自分自身なら変えられる

このことに気がついて即、まずは白髪を染めました。

いつかはあの会社を辞めるつもりでいるんだから、あの会社に染まってしまってはいけないのです。

 

結局、今回は派遣登録はしませんでした。

今すぐの転職はハードルも、リスクも高く、得策とは思えません。夫の仕事も、子育ても落ち着かない今、大黒柱である私が再び揺らぐわけにはいかない、という気持ちもあります。

今はまだ、耐えられるレベルです。

とはいえ、このまま何となく今の会社にいたのでは、失われるものが多すぎる。

いつまた、今度は本当に耐えられないほど理不尽なことがあるかも分かりません。

そうなった時に、他のどこへもいけないような仕事レベル、対人能力、容姿…の自分じゃ困ります。

 

いくら劣悪な環境でも、そこから抜け出す気でいるのなら、絶対に流されてはいけない。染まってはいけない。

他人は変えられないけど、自分自身のことなら、どうにかなります。

 

うんざりするようなことはこれからも起こるでしょう。

 

でも、それに左右されず、環境がどうであれ、私は私を磨いていかなければいけない。

そう思います。

  関連記事

「質問すると怒られる」という理不尽について。なぜ彼らは「キレる」のか?

スポンサーリンク 先週も、また。 仕事で確認したいことがあり、担当の営業に電話を …

育休からの復職後、「戦力外」にならないために私が注意していた3つのこと

スポンサーリンク 前回の続きです。 前記事はこちら→「ワーママって、迷惑…」同僚 …

「記憶力がいい」というのは、果たして長所なのでしょうか?

スポンサーリンク 目次1 私は記憶力がいい2 「前向きだから昔のことは覚えていな …

「体育会系の会社も悪くなかったのかもしれない」と最近になって思う

スポンサーリンク 目次1 体育会系の会社が嫌いで、ずっと辞めたいと思ってた2 サ …

生保レディに勧誘された。営業所を訪問してみて、やっぱり無理だと思った話

スポンサーリンク 目次1 会社がいやでたまらなかった時期に、生保レディに勧誘され …