ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

≪2016年2月の家計簿≫副業のおかげで、どうにか大幅な赤字を免れました



2016年2月の家計簿を公開します

我が家は共働きですが、これまで家計管理がうまく行かず、散々な思いをしてきました。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

 

…とうのも、私は会社員。夫は、月収??円の自営業。

「共働きなのだから、折半」と考え、昨年まではそのルールを貫こうとしてきましたが…

 

無理でしたね。

 

相手は収入がゼロの月もあるので、そんな時はいくら私が「折半」と言い張ったところで夫は出すものがない。

その度に、腹を立てたり、泣いたり、文句を言ったりすることに疲れてしまったのです。

そこで、今年からは「妻の収入で生活費(=必須)をまかない、夫の収入は貯蓄とお小遣い(=最悪、なくても困らない)にまわす」という作戦に切り替えました。

 

2016年2月は、夫婦で48万円の収入になりました

収入の内訳は下記の通り。

 

収入① ぐる子分
給与 222,479
メルカリ 31,230
ポイントサイト 25,000
収入② たれ蔵分
給与 200,000

 

私の給与収入は、諸々差し引かれたあとの「手取り」です。

それに加え、2月はフリマアプリ「メルカリ」の売り上げと、ポイントサイト「Pex」からの交換分で、約55,000円の副収入があったので、合計で280,000円近くの収入になりました。

また、たれ蔵の方も1月分の未入金200,000円を無事回収。

これにより、我が家の2月の収入は合計478,709円となりました。

 

とはいえ、年末年始の余波もあり、生活費の収支はギリギリ

続いて、支出です。

基本的に生活費は私の収入でまかない、たれ蔵の収入は貯蓄とお小遣いに回す、という取り決めです。ですので、支出については負担者別で表にしてみました。

まず私の収入を引き当てた生活費は、こんな感じになります。

 

支出① (ぐる子負担分)
家賃 97,970
保育料 36,600
食費 37,027
水道光熱費 17,597
日用雑貨 12,556
通信費 29,694
交通費 12,320
書籍 8,258
確定拠出年金 10,000
生命保険(ぐる子) 20,555
合計 ¥282,577

 

わずかに今月の私の収入をオーバーしてしまったのですが(4,000円くらい)、先月からの繰越もあったので、どうにか残高の範囲内で収まりました…よかったよかった。

もし仮に給与収入しかなかったら、6万円の赤字を出していたことになります。つくづく、メルカリとポイントサイトに感謝、です。

支出がオーバーしてしまった原因については、「年末年始の余波」と「イレギュラー対応」だと思っています。

年末年始に家族3人で私の実家へ帰省しました。この時に新幹線代や外食費、お土産などで1月にカードを切った分、食費や交通費が高くなっています。2月、3月は遠出もしておらず予定もないので、このあたりの金額はもう少し下げられるかと思います。

その他、高いのは通信費ですが、内訳を書くとこんな感じになります。(★は、たれ蔵の仕事用)

  • mineo(6,445円)
  • Wi-Fi(2,980円)
  • ★ワイモバイルPHS(4,367円)
  • ★バーチャルオフィス(8,400円)
  • 宅急便(7,502円)

mineo(格安SIM)については、たれ蔵分の初回事務手数料が含まれるため若干高くなっています。が、今月からは二人合わせて4,000円台になるはずです。

「イレギュラー」なのは宅急便代。7,500円も掛かってしまっているのですが、これはPCを修理点検に出したため。普段はこんなに使いません。なので、今月からはもう10,000円程度、通信費も下がるはずです。

というわけで、年末年始の余波やら、PC修理のイレギュラーやらで、2月は支出を下げ切れなかった感じがあります。

それでも給料以外の収入が大きかったので、大幅な赤字は免れることができました。

 

夫の収入は、主に貯蓄とお小遣いへ

続いて、たれ蔵の収入を、どう割り振ったかをまとめてみます。

 

支出② (たれ蔵負担分)
生命保険(タロウ) 20,000
国民年金(2ヶ月分) 31,180
通信費(※) 21,260
たれ蔵お小遣い 48,390
ぐる子お小遣い 26,390
家庭の貯金 26,390
タロウ貯金 26,390
合計 ¥200,000

 

タロウ(息子)の生命保険ですが、これは学資保険の代わりとして、0歳の頃から積み立てているものです(契約者はたれ蔵)。意味合い的には「貯蓄」になりますね。

昨年までは、この保険料を年払いにしていました。が、毎年保険料払い込みの時期になると、たれ蔵は「お金がない」で、家の中は険悪なムードに…。結局、去年は私が立て替えて支払っています。

払えないのになぜ契約した…と怒りたくもなりますが…今解約すると既に払い込んだ70万円近くが無駄になるので、私としても、どうにかして支払いを続けたいのです。

ただ、今後も約20万円以上の支払いが一時期に集中するのは厳しいと思い、今年に入ってから月払いに変更しました。

実際に今年分の支払いが始まるのは5月からですが、いざ支払う時期になって、いつものように「お金がない」では困ります。そこで、収入があった先月のうちに1ヶ月分を別口座に振り分けておいた、というわけです。

数ヵ月分でも蓄えておけば、慌てずに済むでしょう。

 

※の通信費については、今後は発生しない費用です。何かというと、たれ蔵分のau携帯電話料金の最終請求分なのです。

たれ蔵は昨年12月にmineoに乗り換えたので、同時にauを解約しています。その際の違約金が含まれるため、金額が高いのです。この分については、たれ蔵にもってもらうことにしましたが、今月からはかからないお金になります。

そして、国民年金(1、2月分)を払った残りの額を、私達夫婦のお小遣い、タロウの貯金、家の共通口座への貯金として振り分けました。(たれ蔵のお小遣いが少し多いのは、彼の交通費、交際費やカーシェアリングの利用料等が含まれているためです。)

「お小遣い」「貯蓄」などは、実際にはまだ各自の財布や口座に残っているものになりますが、分かりやすく支出として考えることにすると…2月の収支はこうなります。

 

収入合計 ¥478,709
支出合計 ¥482,577

 

マイナス3,868円。

生活費口座残高は、2月末の時点で250,000円程度。

 

 

まあまあ、頑張ったと言えるのではないでしょうか。

公開日:
最終更新日:2016/06/04