ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

◆タロウ育児日記 生後1ヶ月④ 湿疹とオムツかぶれのため、小児科を受診



生後1ヶ月、4週目の記録

●月22日(火)

授乳回数が少なめ。一度に飲める量が増えてきたのだろうか。代わりにオムツ替えが頻繁。ちょっとでも出るとすぐ泣くので大変。今日は昼から、よく「あぐー、あぐー」とお喋りをしていた。

生後1ヶ月の後半から、よく声を出すようになりました。

またオムツは本当に、あっという間に1袋なくなってしまうような毎日。同時に大きくなるスピードも速いので、あまり買いだめしても同じサイズがいつまで使えるか分からない…という状況です。様子を見ながら、2袋ずつ近所の西松屋で買い足すようにしていました。

 

●月23日(水)

左のこぶしを舐めるようになった。よだれも出てくるようになって、赤ちゃんぽい。今日も授乳回数は少なく、特に深夜は生きているのか心配になるほどグッスリだった。

1日の授乳回数が、10回以内に落ち着いてきました。記録を見ると、この日は前日の21:30~翌朝の4:30まで授乳がなく、逆に私の方が心配になり、夜中に何度も寝息を確かめに行ったほどでした。

あんなに「眠りたい、眠りたい」と切望していたくせに、いざ授乳間隔があくと心配になってしまうんですよね。

 

●月24日(木)

起きている間は、よく喋っていた。(お喋りの内容は全て「あぐー」)時々、にっこり笑うようにもなった。昼過ぎ、散歩に出たが、ずっと寝てた。そのせいか夜の寝つきはあまりよくなく、1時間半ほどグズる。

 

 

●月25日(金)

頭皮と首周りの湿疹が治らないので、近所の小児科へ連れて行った。デルモベートとトパルジックを処方してもらった。

頭皮の湿疹に「デルモベート」のローション、首周りの湿疹に「トパルジック」のクリームが処方されました。

処方箋を持って薬局へ行たっところ、なぜか窓口の方が「えっ」と驚いたような顔をしたので、ちょっと不安に…。聞いてみると、どうやら「デルモベート」の方がステロイドのお薬だったため、生後1ヶ月の赤ちゃんに使ってよいものかどうか、一瞬心配になったとのことでした。

そんなことを言われると、親の私はもっと不安になってしまうのですが…。

最終的にはその方の“認識不足”だったとのことで、小児科医の指示通り、1ヶ月児に塗布しても問題はないとのことでした。

「大量に塗って、ラップで密封したりしなければ大丈夫ですから!」

と、念を押されましたが。

病院では、「少量を頭皮にチョンチョンと塗布してあげて、良くなったら止めること」と言われていたので、私はその通りにしました。

 

●月26日(土)

駅前の神社へお宮参りに行く。泣いたり、騒いだりすることもなく、無事お祓いは終了。今のところ、外で騒ぐことがほとんどない子なので助かる。

お宮参りに行ったのは、生後2ヶ月が近づいてからのことでした。息子と私、夫、義母で行きましたが、息子は終始大人しくしていました。

 

●月27日(日)

今日もよくお喋りをする。「あぐー」「ぐー」がほとんどだが、段々母親が分かってきたのだろうか?こちらを見てあぐあぐ言うが、何を伝えたいのかサッパリわからん。

息子は私に対して笑顔を見せることは少なかったのですが、「あぐー、あぐー」と喋りかける相手は、ほぼ私でした。私とお喋りの最中に夫が抱き上げると、「・・・」とおしゃべりを止めてしまうことも多く、夫はちょっと悲しそうでした(笑)

私の母がよくタロウに向かって『お母さんは召使だもんね~』と言っていましたが、そういうことなのでしょう。私に何か要求していたのかもしれませんが、何しろ全て「あぐー」なので要求の内容が全く分かりません…。

「そうなの~」「へえ~、タロちゃんはすごいねぇ」etc、適当に返事をして「会話のキャッチボール」風にしてました。

 

●月21日(月)

オムツかぶれが酷くなってしまったので、再度小児科へ。先日処方された「トパルジック」で治ると言われ、今回は診察のみになった。赤くなっていて、痛そう…

授乳回数は日に8~9回。落ち着いてきた感じ。

おしりの穴の周辺が赤くなってしまったため、再度同じ病院で診てもらいました。小児科はどこも混んでいて、特にインフルエンザの季節は待っているだけで逆に病気を貰ってしまいそうな気がしますね…仕方がないですが。

先生に診てもらったところ、既に湿疹用に処方されていた「トパルジック」を塗るように言われました。

「トパルジック」は非ステロイド系のお薬で、炎症を抑える効果があるとのこと。その後も何度か処方されたことはありましたが、息子の場合、このお薬はあまり効いた憶えがないですねー。

 

オムツかぶれに関しては途中で薬はやめ、ウンチの度にお湯洗いしたり、おしりふきの代わりにコットンとお湯で拭くようにしてみたところ、それだけでかなり改善されました。

ウンチやオシッコの成分や、おしりふきに含まれている微量の化学物質が、かぶれを起こしていたのでしょうか。それらが残っている状態でいくら薬を塗っても無駄だった、ということなのかもしれません。

 


【次の記事】◆タロウ育児日記 生後1ヶ月⑤ はじめての電車
【前の記事】◆タロウ育児日記 生後1ヶ月③ 午前中の外出により、夜の寝つきが良くなった

ー― 目次へ戻る ーー

公開日:
最終更新日:2017/03/09