ぐるぐるデイズ

30代、転職に失敗したワーキングマザーが再起を図るブログ

*

◆タロウ育児日記 生後1ヶ月① 母乳不足か?よく泣くようになる



生後1ヶ月、1週目の記録

 

●月1日(火)

8:30~11:30までと、夕方17:00以降、ぐずって手がつけられなくなる。抱っこしてあやしてもまず泣き止むことはないので困っている。機嫌よく起きていることは(今は)ほとんどないので、ちょっと悲しい。

生まれた時はガリガリで、ほとんど寝ていた息子ですが、満1ヶ月を迎えるころには徐々にふっくらしてきました。飲む量も増え、体力がついてきたせいか、大声で泣くことが多くなっていました。

 

母乳が足りなかったのかもしれません。でもミルクを追加しようとしても、私からの哺乳瓶は基本的には受け付けなかったので、どうしようもありません。「出ないんだからしょうがないじゃん!ミルク飲んでよ…」などと、私の方も半泣きで息子に向かって文句を言っていた覚えがあります…

 

「赤ちゃん訪問」の助産師さんからは、「母乳がたくさん作るには、お米が一番」とアドバイスを貰っていました。おかずなんかは作れなくてもいいから、炊飯器でご飯さえ炊いておけばいい。お腹が空いたら納豆とか、ふりかけとかでご飯だけ食べれば充分だからね、と。

 

それまでは母乳は足りていると思っていたため、自分の食生活はかなりテキトーでした。しかし息子の飲む量が増えるにつれ、追いつかなくなっていたのかもしれません。この頃から、助産師さんのアドバイスを元に、主食だけはしっかり摂るように気をつけました。

 

●月2日(水)

1ヶ月健診のため、出産した産院へ。ほとんど泣くことなく静かにしていてくれたので、助かる。助産師さんに洗われて帰ってきてからは、妙にご機嫌。天井を見つめてニヤニヤしていた。体重は4,300g。成長したね。

生後1ヶ月で約1,600g増えたことになります。夫は、「母乳だけでこんなに増えるなんて… ぐるちゃんすげぇな」と感心していましたが、ホント不思議ですよね。

健診では特に問題はなかったものの、少しおむつかぶれしてしまっていたため、「サトウザルべ」という塗り薬が出ました。これを、すり込むのではなく、ベタベタと載せるように塗って皮膚を保護してあげるように、とのこと。

 

これが初めての外出となりましたが、当初から外で泣くことはあまりない子でした。

 

●月3日(木)

正午の授乳後、ベランダで外気浴。目が醒たようなので、エルゴで抱っこして西松屋まで散歩するも、タロウはほとんど寝てる。家に戻ったら目を醒ましグズるので、またエルゴに入れて郵便局へ行くが… また寝てる。今18:00だが、やっとベッドで眠ったところ。今日の午後は大変だった。

1ヶ月健診では特に指摘もなく、外出OKと言われたので、少しずつ外気浴やごくごく近所の散歩などを始めてみました。

 

健診に合わせて買った「エルゴベビー」の抱っこひもは、その後も長く活躍してくれました(2歳半くらいまで)。私はこれひとつしか使っていなかったので、他の商品との比較はできませんが、さすが、20,000円近くするだけのことはありますね…。

 

初めて使った時は、手だけで抱っこするのに比べて肩や腰が物凄く楽になることに驚きましたし、何と言っても、両手が自由になったことが嬉しくて嬉しくて。今思えば、「一日中抱っこ」の期間なんて一瞬で終わってしまうんだから、のんびり楽しんでおけばよかったのに… と思ったりもします。

でも、当時はかなり辛かったんですよね、腕も痛いし、他のこと何にもできないし。エルゴの抱っこひもによって、私は若干の自由を手に入れたのでした…。

ただ、この柄(ギャラクシーグレー)は人気色だったのか、外出先でやたらいろんな人と被った記憶があります。

●月4日(金)

深夜はいつもより頻繁に起きては飲みたがる。エルゴは性能が良すぎるんじゃないか?抱っこすると、ほぼ確実に眠ってしまう。これでは昼夜が逆転してしまうかもしれない…。お風呂はベビーバスをやめ、洗面所で入れてみた。この方が、清潔なお湯で流せるので良い。本人も特に抵抗はない様子。

日中は外気浴や短いお散歩をして刺激を与え、夜はなるべく寝てもらおう!などと考えていたのですが、そうそう親に都合よくはいきませんでした…。外出すると抱っこひもの中で眠ってしまい、体力を使って夜眠くなるのは親の方… という事態になってしまったのです。

そして、寝不足により溜まった怒りは「性能の良すぎるエルゴ」へ向かったようです…

 

●月5日(土)

朝、夕、晩とグズグズする時間が多かった。グズときは飲み足りないことが多い様子。顔中に湿疹が広がってしまって可哀想。ローションで保湿。

沐浴ではあまりしっかりと洗えなかったせいか、顔の湿疹が酷くなってしまいました。西松屋で買ったベビーローションで保湿してみましたが、ベトベトするだけであまり効果はなかったように思います。

 

●月6日(日)

イトーヨーカドーでK原さん(同僚)夫妻と息子君に会った。タロウより1ヶ月早い生まれだが、髪がフサフサでかなり濃い顔。

顔と頭部の汚れが酷い。泡で洗ったら柔らかい粘土のような垢が出てきた。

 

●月7日(月)

絵本を読んだり、あやしたりすると、時々にっこり笑っているような気がする。顔、身体の垢を落とすため、お風呂で念入りに洗ってみたが、ギャン泣きしてしまった。オルビスの洗顔料をモコモコに泡立てたのだが… それが冷たくて嫌だったのだろうか。

平熱を把握するため、朝イチの授乳時に検温することにした。

沐浴ではあまりきれいに洗えないため古い皮膚が残ってしまい、それが肌の調子を悪くしているんじゃないか?という気がしました。

ベビー石鹸もそんなに泡立たない(泡立てている暇がない)し、ポンプ式で泡が出てくるボディソープなどもキメが荒いため、汚れが落ちずに蓄積してしまっているように思えました。

そこでこの日、自分の洗顔料(オルビス)をあらかじめモコモコに泡立てて準備をした上で、全身を洗ってみたのです。泡が冷たかったのか、感触が気持ち悪かったのかは分かりませんが、かなり泣かせてしまいました…。

が、こびりついた汚れが落ち、張りのある皮膚が現れ始めました(この後3日くらい、連続でオルビスで洗いましたが徐々に皮膚の調子が良くなっていったので、結果的には良かったみたいです)

 

 

【次の記事】◆タロウ育児日記 生後1ヶ月② 乳児湿疹…「アトピーかも」と騒ぐ夫にイラッ

【前の記事】◆タロウ育児日記 生後0ヶ月まとめ

ー― 目次へ戻る ーー

公開日:
最終更新日:2017/03/27